ポーランド戦で香川は出番なしに終わった。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

写真拡大

[ロシアW杯・グループH]日本0-1 ポーランド/6月28日/ヴォルゴグラード
 
 過去2試合は先発出場していた香川真司は、ポーランド戦でピッチに立つことなく試合終了のホイッスルを聞いた。
 
 日本の西野朗監督は、4日前のセネガル戦からスタメン6人を入れ替える大胆策を決断。香川も先発落ちを2日前に聞いたらしく、「2、3人の交代はよくあると思うんですが、6人の交代はなかなか経験したことがなかったし、なかなか上手くいくという保証もない。確率的にね。だから、すごく戸惑いはあった」と、やはりサプライズだったことを明かした。
 
 それでも「僕はすぐに切り替えたし、みんなもすぐに切り替えていたと思う。監督がこうだと決断したら、僕らはグループと監督を信じるだけ」だったという日本代表のナンバー10は、議論を呼んでいる試合終盤の“時間稼ぎ”についてこんな印象を持っていた。
 
「他会場の結果(コロンビアがセネガルに1点リード)が入っていて、このまま行けばイエローカードの差で勝ち上れるっていうのが分かった。あまりない状況なので戸惑うところはありましたが、コロンビアを信じるしかなかった。逆に変にイエローカードをもらったり、攻めに行ってカウンターを食らうのを避けたかったんだと思う。もちろん難しい状況ではありましたけど(セネガルが同点に追いつけば日本は敗退だった)、ベンチからの指示で攻めにいかないという意思統一はできていた」
 
 今大会のグループリーグは、コロンビアに勝ち、セネガルと引き分け、ポーランドに敗れると結果レベルでは右肩下がり。とはいえ香川は、「どうであれ、上に上がれた」と2大会ぶりの決勝トーナメント進出こそが重要だと説いた。
 
「今日はリスクの高いものではありましたが、こうやって勝ち上がれたのが何よりですし、スタメンを6人代えるという賭けに勝った。結果的にこうやって次に繋がったことは、何かしら今のチーム状況を表わせていると思う」
 
 その視線は「ここからが勝負」と語ったラウンド・オブ16での決戦をすでに見据えていた。
 
取材・文:白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!