柴崎は「他会場との兼ね合いでそういう形になりました」と0−1をキープした理由を語った。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

写真拡大

[ロシアW杯グループH] 日本0-1ポーランド/6月28日/ヴォルゴグラード・アレーナ(ヴォルゴグラード)

 1点ビハインドで迎えた最終盤。1点を追う日本は負けているのにも関わらず、時計の針を進めるためにボールを無難に回すという策をとった。その結果、日本はポーランドに0-1で敗れたものの、グループHを2位で突破。大会前の下馬評を覆し、2大会ぶりにベスト16進出を決めた。

 この試合で日本は引き分け以上で予選突破が決まるが、敗れればコロンビア対セネガルの結果次第という状況だった。そんななか、日本は0-0で迎えた59分に先制点を献上。他会場のコロンビア対セネガルは0-0で、そのままいくと日本は3位で大会を去らなければならなかった。
 しかし、74分にコロンビアが先制したことで日本が2位に浮上。勝点、得失点差、得点数で並ぶセネガルをフェアプレーポイントで上回ったのだ。

 すると、この状況を把握した日本は、ビハインドを背負っている中でボールを回し、タイムアップを待つ戦い方に移行した。その舞台裏について、試合後に柴崎岳が言及。「ベンチから、このまま追加の失点は避けるようにという指示があった。他会場との兼ね合いでそういう形になりました」と、ベンチから裏カードの状況を考慮した指示が出ていたことを明かした。

 2試合で掴んだ勝点4を活かして現実的な試合運びに徹した日本代表。0-1で試合を終わらせたことで、2大会ぶりのベスト16進出という目標を達成した。

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!