土砂崩れの復旧作業をしていた作業員 倒れた鉄板の下敷きになり死亡

ざっくり言うと

  • 広島県の国道で28日夕方、「作業員が鉄板の下敷きになった」と通報があった
  • 土砂崩れの復旧作業をしていた作業員が、倒れた鉄板の下敷きになったという
  • 鉄板は約900キロもあり、作業員は病院に搬送されたものの死亡した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x