西野朗監督とGK川島永嗣が出席した日本代表の公式会見。それがスタートした17時(現地時間)とほぼ同時刻にキックオフしたドイツvs.韓国戦で信じられない結末が待っていた。

 0-0で迎えたアディショナルタイムに韓国が2点を決め、アップセットを起こしたのだ。これで前回王者はグループ最下位で大会から姿を消すことに――。


西野監督の川島永嗣に対する信頼は厚いようだが......

 その衝撃は、日本がコロンビアを下した以上のものだった。

 公式練習を終えたばかりの日本の選手たちも、ゲーム終盤の模様をロッカールームのテレビで見ていたようだ。

 メディア対応が割り当てられた選手のなかで最初にミックスゾーンにやってきた植田直通は、「明日は我が身だな、と思いました」と語った。

「自分たちも(決勝トーナメント進出が)決まっているわけではないし、油断していたら同じようになると。気を引き締めて」

 これはグループ突破に王手をかけていたドイツと日本を、2連敗で敗退濃厚だった韓国とすでに敗退が決まっているポーランドを重ね合わせた見方。一方、韓国と日本を、ドイツとポーランドを重ね合わせたのは、昌子源である。

「アジア勢がヨーロッパに勝った。僕らも今回、同じシチュエーションなわけで、アジアにとってはすごくいいこと。韓国とは立場が違いますけど、僕らもヨーロッパ勢を下して、次のラウンドに上りたいと思います」

 いずれにしても、アジアのライバルが世界王者を倒した一戦が、さまざまな意味で選手たちの刺激になったのは間違いない。

 たしかにポーランドは2連敗を喫し、グループステージ敗退が決まっているが、それが日本の勝利を約束するものではない。それは、前日、敗退が決まっていたモロッコがスペインを追い詰めて一時は逆転、最終的にドローに終わった結果からもよくわかる。

 敗退が決まったチームがプレッシャーから開放され、最終戦でベストパフォーマンスを見せることは、よくある話なのだ。香川真司も気を引き締めている。

「ポーランドはプライドを持って戦ってくると思うし、彼らは失うものがないんで、よりアグレッシブに自分たちのサッカーを仕掛けてくると思う。これを最後に引退する選手も数名いると聞いたんで、彼らなりにいろんなモチベーションを作って戦ってくるし、経験のある選手もいるんで、本当に難しい試合になると思う」

 ポーランドでもっとも警戒すべきは、言うまでもなく世界屈指のストライカー、ロベルト・レバンドフスキである。どんなメンバーで挑んでくるかはわからないが、ポーランド記者によると、レバンドフスキは必ず出場してくるだろうとのこと。そのレバンドフスキにチャンスボールを集めるサイド攻撃こそが、ポーランドのストロングポイントだ。

 サイドの攻防を制すためにも、サイドの選手たちには万全のコンディションが求められる。セネガルとの第2戦からポーランド戦までは中3日しかない。日本はここまで2試合続けて同じメンバーが先発しているから、疲労が溜まってくるころだろう。ましてやボルゴグラードは日中、気温が40度近くまで上がるのだ。

 西野監督は会見で、「これからトレーニングのなかで確認をしてから、最終的に判断したい」と語った。5月末にスタートした国内合宿から全選手にチャンスを与え、総力戦で戦ってきたわけだから、思い切ってメンバーを変更するべきだ。

 サイドハーフの原口元気と乾貴士に代わって宇佐美貴史、武藤嘉紀、酒井高徳。ボランチの長谷部誠に代わって山口蛍。センターバックの昌子に代わって槙野智章をピッチに送り出す――。少なくとも、5人くらいは入れ替えていい。

 また、長谷部と乾はすでに警告をもらっている。ポーランド戦で2枚目をもらってしまうと決勝トーナメント1回戦で出場停止になってしまうため、その意味でも休ませるべきだろう。

 コロンビア戦、セネガル戦とミスが続き、批判を浴びているGK川島はおそらくスタメンに名を連ねるだろう。先制点を献上したセネガル戦でのミスはお粗末だったが、その後、リカバーして39分にはFWエムバイ・ニアングとの1対1を防いでみせた。

 川島自身も会見で「批判されるということに対して覚悟がなければ、この場所にはいない」と堂々と語ったが、公式会見の出席者に川島を指名したという事実に、指揮官の川島への信頼が感じ取れる。ポーランド戦もおまえに任せるぞ、という信頼が。

 勝利はもちろん、引き分けでもグループステージ突破が決まる。しかし、今や欠かせないチームの心臓となった柴崎岳はきっぱりと言った。

「この2試合と変わらない気持ちで臨みたいと思っている。危険な雰囲気を感じているので、この2試合と同じような集中力、入り方、雰囲気で、決して引き分け狙いではなく勝利を目指してやっていきたい」

 一丸となって2試合続けて勝点を掴み取り、自信を深めてきたこのチームに慢心はないはずだ。グループ首位の日本に対し、ポーランドはグループ最下位。しかし、日本は次の試合でもこれまでどおりチャレンジャーの精神で臨む。

◆「中間管理職」長谷部誠が語る西野監督像「バランス感覚がいい」>>>

◆スペインの名伯楽が日本を称賛。「ポーランド戦の好材料は岡崎」>>>