サッカーワールドカップで前回優勝のドイツが韓国に2−0で敗れ、決勝トーナメント進出をのがした。金星を挙げた韓国も一次リーグ敗退だが、メディアは「最後の闘魂が輝いた」と大騒ぎだ。

サッカー解説者の松木安太郎は「韓国はほとんどチャンスがない中で勝ちました。ドイツは韓国を侮っていた」という。一次リーグ敗退が決まっているチームが第3戦に勝つということが、今夜(2018年6月28日)の日本対ポーランド戦で「再現」される心配はないか。ポーランドも1次リーグ敗退が決まっている。

司会の羽鳥慎一「そういうことはある。恐ろしい」

西野朗監督は「ワールドカップで消化試合はない」「ヨーロッパを勝ち抜いたポーランドをリスペクトしたい」と語り、気を引き締めた。

セネガルがんばれ!勝てば日本負けても『漁夫の利』

その西野監督がメンバー6人を入れ替えた布陣で臨むと、「日刊スポーツ」は予想している。試合会場のあるボルゴグラードは暑く、2試合を戦った先発メンバーの疲労もたまっているためだという。

元Jリーガーの水内猛は「万全な選手を使おうということはあります。親善試合のパラグアイ戦でも、西野監督は選手を入れ替えています」と解説し、松木は「大ばくちとは思わないですね。サプライズではなく、当り前だ」と話した。

キャスターの宇賀なつみアナ「情報戦の可能性もありますね」

日本はポーランドに勝つか引き分けで決勝トーナメントに進出できる。負けても、セネガル対コロンビア戦でセネガルが勝てば日本は進出、引き分けたら日本は敗退だ。コロンビアが勝ったら、セネガルとの得失点差で決まる。

羽鳥「われわれとしては、セネガルを応援するといいんです」

高木美保「でも、試合は同じ時間なんでしょ」

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「セネガルがいきなり5点とか入れてくれればいいですよね。セネガル 勝て!」

セネガルが大敗してくれてもいい。