1980年代にルーマニアの児童養護施設で340人が死亡か 捜査を開始

ざっくり言うと

  • ルーマニアの検察当局は25日、調査機関からの告発を受けて捜査を開始した
  • 1980年代に児童養護施設で340人の子どもが死亡したとの告発
  • 育児放棄が子どもたちの死の一因だったと調査機関は分析している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x