『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』メインビジュアル ©鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会

写真拡大

8月18日公開のアニメーション映画『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』の主題歌に乃木坂46の新曲“空扉”が起用されることがわかった。

【もっと画像を見る(9枚)】

『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』は、ブリタニアの大地を舞台に7人の大罪人から組織された伝説の騎士団「七つの大罪」の戦いを描いた鈴木央の漫画『七つの大罪』の初の劇場版。現在テレビアニメ版も放送されているほか、8月には舞台版も上演される。劇場版は鈴木が劇場版用に描き下ろしたネームをもとにしたオリジナルストーリーとなる。

作詞を秋元康、作曲をFURUTA&Dr.Lilcomが手掛けた“空扉”は8月8日にリリースされる乃木坂46の21stシングルに収録。あわせて“空扉”を使用した映画の予告編が公開された。さらに7月13日から第3弾特典「キラキラ缶バッチ」付の劇場前売券を販売。

舞台版でエリザベス役を演じる梅澤美波(乃木坂46)は「私は舞台『七つの大罪 The STAGE』にも参加させていただきますが、大好きな作品を色々な面から関わり応援できるのはとても嬉しいことですし、たくさんの方の目に届くように、全力で盛り上げていけたらと思っています!そして主題歌の『空扉』は、とても爽快感があって夏にピッタリな楽曲になっています!」とコメントを寄せている。