「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を受ける男性の告白

ざっくり言うと

  • 生活保護受給者の男性が「僕は今、社会の最底辺にいる」と告白している
  • 発達障害と軽度の精神疾患のため、会社に勤めても長く続かなかったそう
  • 受給された際、惨めさよりも定型の生活から解放される安堵が上回ったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x