「ニッポンおみやげ博物誌」江戸から続くおみやげ文化、赤福やご当地カレーが国立歴史民俗博物館に

写真拡大

企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」が千葉の国立歴史民俗博物館にて2018年7月10日(火)から9月17日(月祝)まで開催される。

「おみやげ」文化を紐解く展覧会

企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」は、現代においてもなお続く「おみやげ」文化を、近世にまで遡って紐解いていく展覧会。近世から近・現代にかけて展開してきた「おみやげ」という贈答文化と、その背景となる旅や観光の様相を、国立歴史民俗博物館が所蔵する約1,300点の資料を通して紹介。様々な「おみやげ」の変遷やその背景を辿っていく。

近世・江戸時代から現代まで「おみやげ」の変遷

近代以後に発達した旅・観光文化の特性の多くが育まれた江戸時代においては、参勤交代をはじめ、江戸と地方を往来する習慣が散見された。また、人だけでなく物品も地方と江戸の往来を繰り返すにつれ、「名所」「名物」といった概念が展開されるようになる。江戸時代に残された、近代以後の「おみやげ」に関連する系譜に《東都名所・浅草観世音》《赤羽根有馬屋敷前の三美人》などの作品を通して迫る。

明治時代以降は、新たな「名所」の選定と創造が行われるようになり、それに伴って旅の新たな目的や「おみやげ」が誕生。戦後には、法改正や世界遺産の登録制度などを通じて、各名所や観光地に格付けを行った。「赤福餅」や「日本の名城絵葉書」など、ブランド化された観光地に紐づけられた「おみやげ」を紹介する。

また、現代においては、「おみやげ」が表す旅の目的や経験が多様化。自然の風物や景観を表現した「おみやげ」の他、有名な建造物モチーフから、各地に伝わる有形・無形の文化資源、各地のご当地キャラクターまで様々な種類の「おみやげ」を紹介する。さらに、旅や観光そのものにも焦点を当て、ご当地カレーなど定番の食品や雑貨から、海外でしか手に入らない個性的なオブジェまで、個性的なお土産の数々を通して、様々な旅や観光の在り方を考察する。

「おみやげ」のその後の行方にも注目

渡された「おみやげ」の、その後の行方にも注目。消費、保管、あるいは忘却される「おみやげ」の行方を追い、「おみやげ」の意味合いとともに、人とモノの関係を問い直していく。加えて、「おみやげ」を含めモノを収集する「コレクター」についても検証。「おみやげ」を通して、人がどのように「コレクター」と化していくかを追う。

詳細

企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」
会期:2018年7月10日(火)〜9月17日(月祝)
休館日:月曜(月曜が休日の場合は開館し、翌日を休館日とする。)
※8月13日(月)は開館。
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
※開館日・開館時間を変更する場合あり。
場所:国立歴史民俗博物館 企画展示室 A・B
住所:千葉県佐倉市城内町117
料金:一般830(560)円/高校生・大学生450(250)円/小・中学生無料
※()内は20名以上の団体料金。
※総合展示もあわせて観覧可能。
※毎週土曜日は、高校生の入館無料。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館無料。

【問い合わせ先】
ハローダイヤル
TEL:03-5777-8600(8:00〜22:00)
[写真付きで読む]「ニッポンおみやげ博物誌」江戸から続くおみやげ文化、赤福やご当地カレーが国立歴史民俗博物館に

外部サイト

  • 「浮世絵最強列伝―江戸の名品勢ぞろい―」展を京都・相国寺承天閣美術館で開催、江戸初期から幕末まで
  • すみだ郷土文化資料館の特別展「隅田川花火の390年」浮世絵や最古の動画でその歴史を振り返る
  • 「天野喜孝展 天馬」ファイナルファンタジーで描いた馬のイラストなど展示、馬の博物館&JRA競馬博物館