気温と湿度が高まる6月 死亡率50%超えの危険性もある心筋梗塞の恐怖

ざっくり言うと

  • 気温と湿度が高まる6月は、細菌の増殖や精神の変調で病気がはびこる時期だ
  • 体内の水分が減少し、血液はドロドロになるため心筋梗塞のリスクが高いそう
  • 死亡率が50%を超えるにも関わらず、気づきにくい病という恐怖があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x