日本代表MF香川真司

写真拡大

[6.24 ロシアW杯グループリーグ第2節 日本2-2セネガル エカテリンブルク]

 2度のリードを追い付く粘りを見せた。日本代表MF香川真司はチームの現状に手応えを感じる一方で、「これで満足してはいけない」と気を引き締め直した。

 コロンビア戦同様、4-2-3-1のトップ下の位置に入った香川が試合状況を見て意識したのが、「スペースを空ける」こと。中央のスペースで“渋滞”が起きないように、相手のマーカーを引き連れポジションを「一列落として」、空いたスペースをMF乾貴士やMF原口元気に有効利用させた。

「元気や乾が入ってこれるので、僕が一列落としてどんどんボールを受けながら入って行くというのを意識してやっていた」

 試合は前半11分に先制を許しながらも同34分に乾のゴールで追い付き、後半26分に勝ち越しゴールを奪われながらも同33分にMF本田圭佑の得点で追い付く粘りを見せた。

 2度のリードを許しながらもドローに持ち込んだことに、「よくリードされた状況で追い付いたし、非常にチームとしての強さを感じる」と答えつつも、「ただ、これで満足してはいけない」と続ける。「まだグループリーグを突破したわけではないし、次は必ず勝ち切りたい」とポーランド戦で勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めようと意気込んだ。

(取材・文 折戸岳彦)


★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!

2018W杯ロシア大会特集ページ

★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!

2018W杯ロシア大会日程&TV放送