屈強なFWと渡り合った日本代表DF吉田麻也

写真拡大

[6.24 W杯H組第2節 日本2-2セネガル エカテリンブルク]

 2失点という結果には満足しなかった。強烈な相手FWムベイェ・ニアンらと対等に渡り合った日本代表DF吉田麻也は最終ラインの軸として、これまで見せてこなかったオフサイドトラップも披露。強敵セネガルを相手に勝ち点1を獲得したが、試合後のフラッシュインタビューに応じ、「FW陣に感謝したい」と述べた。

「勝ち点3を取って突破を決めたかったですが、ただ、よく2回決めてくれた」。2度にわたって先行される展開となり、「立ち上がりが消極的になってしまって、腰が引けていた感じはいなめない」という状況だった日本代表。だが、MF乾貴士、FW本田圭佑のゴールで同点に追い付き、勝ち点1をもぎとった。

 そんな攻撃陣には「よく盛り返したと思う。時間が経つにつれて、だんだん慣れてきて、自分たちの形をつくることができた」と前向きな評価。勝ち点3が目的だったため、「60分くらいの流れが良い時にもう1点取れたら良かった」と本音ものぞかせたが、「2点取られてるので何とも言えない」と守備に責任を見いだした。

「この試合も無失点で抑えたかったけど、次は無失点でクリーンシートにできるよう頑張りたい」と課題は次へ生かす構え。「いい準備をして、いいリカバリーをして、いい状態でポーランド戦を迎えられるようにしたい」と中3日で迎える運命の第3節に向け、まずはコンディションを整えていく。


★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!

2018W杯ロシア大会特集ページ

★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!

2018W杯ロシア大会日程&TV放送