JAL機で女性乗務員が転倒し足を骨折、気流の乱れで機体が揺れる

ざっくり言うと

  • 24日、新千歳空港を出発した日本航空514便が気流の乱れの影響で揺れた
  • 揺れによって女性客室乗務員が転倒し、左足の骨を折る重傷を負った
  • 乗客503人にケガはなかったが、航空事故として調査が進められる予定だ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x