長嶋一茂が重度のうつだったことを告白 毎朝包丁を持っていた

ざっくり言うと

  • 長嶋一茂が24日の番組で、10年前にうつで自殺を考えていたことを告白した
  • 激しいめまい、過呼吸などパニック症状が10年以上続いたという一茂
  • 42歳にうつのピークを迎え、強い自殺衝動から毎朝包丁を持っていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x