全米OPテニスが選手の妊娠を考慮へ セレーナへの対応で批判を受け決断

ざっくり言うと

  • 全米OPがシード作成時に女子選手の妊娠を考慮することを決めた
  • セレーナ・ウィリアムスへの対応で全仏OP主催者が批判を浴びたため
  • 米国テニス協会会長は「復帰を目指す母親たちにとって正しい」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x