がんセンターががんの肺転移を見落とし 3年間放置と発表

ざっくり言うと

  • 兵庫県は22日、県立がんセンターで腫瘍を見落とすミスがあったと発表した
  • 子宮頸がんの手術を受けた患者へのCT検査で、肺への転移を見落としたという
  • 3年間放置していたとし、患者は現在、抗がん剤治療を続けているそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x