ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今年も早いもので、もう宝塚記念(6月24日/阪神・芝2200m)です。上半期の総決算となりますね。

 ただ「総決算」とはいえ、時期的なものもあり、年末の有馬記念とは違って、例年そこまでの豪華メンバーがそろうことはありません。実際にフルゲートで行なわれることは極めて少なく、10頭前後の出走馬で行なわれることも多々あります。昨年も11頭立てと少頭数でしたね。

 今年は5月に一時暑い日が続いたときがありましたが、6月に入ってからは気温30度を超える日がほとんどなくて、例年よりも過ごしやすい日が多いように感じます。その分、馬の調整自体はしやすいのでしょう。今回の宝塚記念にも、16頭の出走馬が名を連ねました。

 一方でこの春、GI戦線をはじめ、重賞戦線で猛威を振るってきた4歳世代の出走馬は、キセキ(牡4歳)とダンビュライト(牡4歳)の2頭のみ。ダービー馬レイデオロをはじめ、皐月賞馬のアルアイン、さらにはスワーヴリチャード、ペルシアンナイトといったこの世代のGI馬が出走してこなかったのは、少し残念です。

 このように4歳世代の実績馬がほぼ出走しないなか、本来であれば、そのひと世代上の王者であるサトノダイヤモンド(牡5歳)が、ここでは”横綱”にならなければいけないのですが、昨秋の海外遠征以降がさっぱり。その冴えない成績からは、今回も好走するイメージが浮かびづらいところです。

 帰国初戦となったGII金鯱賞(3月11日/中京・芝2000m)の際にも触れましたが、今は昔ほど検疫で時間を要さず、比較的海外遠征もしやすくなっているとはいえ、やはり相当な体力と精神力が求められます。性格にもよると思いますが、過去にも海外遠征を敢行して以降、なかなかスランプから脱出できない馬がたくさんいました。

 サトノダイヤモンドにとって、昨秋の海外遠征は過酷な経験になってしまったのでしょうか……。現状をみると、どうもそんな気がしてなりません。

 金鯱賞では、メンバー最速の上がりをマークして3着となったサトノダイヤモンド。見ようによっては、「やはり力がある」と思えるかもしれませんが、1000mの通過タイムは1分3秒という超スローペースで、あまり負荷のかからないレースでした。しかも、2着は楽に逃げた8歳馬のサトノノブレスですからね。そこに、キタサンブラックと接戦を演じていた頃の”凄み”はまったく感じられませんでした。

 前走のGI大阪杯(4月1日/阪神・芝2000m)の敗戦(7着)も、おおよそ想像していたとおりでした。今回は主戦のクリストフ・ルメール騎手に戻るということで、復活への淡い期待はありますが、人気が落ちないようなら、馬券的には食指が動きません。もし人気を落としてくるようなら、相手として少しは考えてもいいかもしれませんが……。

 その他、5歳以上の日本のGI馬というと、サトノクラウン(牡6歳)とヴィブロス(牝5歳)。ともにドバイ遠征後の、帰国初戦となります。

 サトノクラウンは、昨年の覇者。ただ少しテンションの高い馬に見えるので、それこそ海外遠征の影響が懸念されます。昨年1年間コンビを組んでいたミルコ・デムーロ騎手が、今回はキセキに騎乗する点も気になります。

 ヴィブロスも、牝馬でもありますから、やはり海外遠征後の反動が心配されます。とはいえ、こちらはサトノクラウンと違って、昨年もドバイ遠征を経験。しかも昨年同様、今年も現地で好走していますからね。そこから、さらに調子を上げてくる可能性はあると思います。

 現にヴィブロスの1週前の追い切りは、牝馬とは思えない”凄み”がありました。何か、より成長している雰囲気さえ感じました。半兄シュヴァルグランは遅咲きでしたし、全姉ヴィルシーナも5歳時の宝塚記念で3着になっていますからね。まだまだ成長過程にあっても不思議ではありません。

 もちろん、先に触れた4歳世代の2頭も無視できない存在です。

 昨年の菊花賞馬であるキセキは、前走のGII日経賞(9着。3月24日/中山・芝2500m)の負け方に疑問符がつきますが、今回は気心が知れている鞍上に戻ることや、距離が短縮されることなどがプラスに働くと思います。

 ダンビュライトはGIタイトルこそありませんが、クラシック三冠すべてで善戦(皐月賞3着、ダービー6着、菊花賞5着)したように、世代トップクラスの存在です。今回と同距離のGIIアメリカジョッキークラブC(1月21日/中山・芝2200m)を勝っていて、条件もベスト。勝ち切るかどうかは「?」ですが、好走する可能性はありそうです。

 ここまで日本の実績上位馬を取り上げてきましたが、正直「この馬!」と思える存在が見当たりません。その程度のメンバーなら、香港から遠征してくるワーザー(せん7歳)でもチャンスがありそうですよね。

 香港の競馬は現役のときに乗ったことがありますが、梅雨時で湿ったこの時期の、しかも開催後半の阪神の馬場と非常に似ている気がします。そこで結果を出している馬ですから、なおさら注意が必要です。

 そもそもGI3勝のワーザーは実績最上位ですし、年齢的な衰えもなさそうです。鞍上が日本での実績もある名手ヒュー・ボウマン騎手というのも魅力ですね。

 また、前走がマイル戦を使っている辺りに、ここへ向けた本気度を感じます。いかにも”叩き台”に思えますからね。

 こうしてみてくると、今年の宝塚記念はかなり”難解”と言えます。そこで、今回の「ヒモ穴馬」にはあえて実績の乏しい馬をピックアップしたいと思います。


宝塚記念への本気度がうかがえるパフォーマプロミス

 その馬は、パフォーマプロミス(牡6歳)です。

 6歳馬ですが、キャリアはわずか13戦。まだまだ”未完成”という雰囲気があるのも確かです。そもそもデビューしたのが、未勝利戦が終わる直前の3歳9月。俗に言う「スーパー未勝利戦」だったのです。

 そのデビュー戦はあっさり勝ちましたが、その後もレースへの出走は休み休み……。骨折などの大きなケガをしているわけではないので、おそらく身体的な面と気性的な面で、まだまだ幼さを残していたのでしょう。

 ただ、そんななかでも、デビュー3連勝。その点から、この馬の素質の片鱗はうかがえました。

 4戦目以降、さらには準オープンに昇級後も足踏みすることはありましたが、昨年末にオープン入りを果たすと、年明けのGII日経新春杯(1月14日/京都・芝2400m)を見事に勝利。ハンデ戦で斤量が軽かったこと、厳冬期の重賞でメンバーが手薄だったこともありますが、重賞初挑戦で一発回答して見せたのは、高い素質が開花した証でしょう。

 その後、普通ならGIの大阪杯や天皇賞・春に出走してきそうなところですが、次走はGII目黒記念(3着。5月27日/東京・芝2500m)でした。やはり、それまでに苦労しているだけあって、無理をしないローテーションを選んだのでしょう。

 しかし逆に、それだけの本気度をこの馬からも感じます。前走・目黒記念は、いかにも”叩き台”のように見えましたからね。

 今回の鞍上は戸崎圭太騎手。この馬には、3回乗って2勝、2着1回。おそらく、いいイメージを持っていると思います。初のGI戦でも、十分に期待できるのではないでしょうか。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆宝塚記念の穴馬「この3頭半端ないって。そんなん来いひんやん、普通」>>

◆宝塚記念。夏の旅行でビジネスクラスに乗せてくれる優しい4頭がいる>>

◆宝塚記念は、サトノダイヤモンド復活を信じていいか。マジで大丈夫か?>>