震度6の地震が発生した大阪北部 中心部の昼間人口が約50万人減少

  • 大阪北部地震が発生した18日、大阪市中心部の昼間人口は約50万人減少した
  • 通勤・通学が困難になり、北部に滞留した人が多かったためと予測される
  • 大阪府外居住者の流入人口も、平常時のピーク時間と比べると30万人減少した

◆昼間の人口が激減した大阪中心部

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x