国会に参考人として呼ばれた日本肺がん患者連絡会の長谷川一男理事長に、「いい加減にしろ!」とヤジを浴びせた自民党の穴見陽一衆院議員はどんな政治家なのか。ブログで謝罪してみせたが、周囲には「長谷川理事長の言ったことに腹を立てていた。俺は確信犯的に『いい加減にしろ』と2回言った。長谷川本人の目を見て言った」と話していたという。

改正法成立すると経営店も全面禁煙

穴見議員は大分1区選出で、当選3回。「とくダネ!」温井精一ディレクターが地元を訪ねると、自宅は高級住宅街の一角にある洋風の豪邸だった。穴見議員の父親は九州中心に732店舗を展開するファミリーレストラン「Joyfull」の創業者で、穴見議員も代表取締役相談役に就いている。

司会の小倉智昭は「ご自分で(受動喫煙防止対象の)店をやっているので、完全禁煙はおかしいだろうと思っているとしか思えないですね」と批判した。