加藤浩次

写真拡大

W杯初戦でコロンビアを撃破した日本代表は、24日の深夜にセネガル代表との第2戦を迎える。抜群のスピードと強靭なフィジカルを持つセネガル代表を相手に日本はどのように戦えばよいのか。

22日放送、日本テレビ「スッキリ」では、サッカー解説者・北澤豪氏がセネガル戦における日本代表の戦い方を予想。親善試合で試した3バックもあり得るとしたが、これに納得いかない番組MC・加藤浩次が最後まで北澤氏に反発するという場面があった。

警戒する選手にサディオ・マネをあげた北澤氏は、「身体能力とスピードがありますから、点をとられるっていうことを考えていくと彼の存在は大きい」としながらも、「ただ、今のセネガル、戦前の予想と違う」と言葉を続けた。

それはセネガル代表の守備が組織的になっているという点だ。「守備が堅く作られている。点がとりにくい」と話す北澤氏は、長身の選手が守備を固めている点にも触れ、「大迫にもボールが入るのか入らないのか。大迫の回りに4人、195cmがいる」と警戒したほか、相手の2トップについても「185cmの2トップなので大きさがあって速い」と注意を払った。

すると、「コロンビア戦のスタメンでいいのか?」と疑問を呈した北澤氏は、長谷部誠をセンターバックに置いた3バックを推奨。セネガルの2トップ、ムベイェ・ニアン&マメ・ビラム・ディウフに対し、「2人じゃ守りきれない。プラス、数的優位で3人いたほうがいい」と切り出すと、原口元気がマネを抑え、「(選手が)少し内側に寄るため、長友(佑都)が前に出るというスタイル。ボランチに山口(螢)君が潰し役として入る」と持論を展開した。

これに驚いた加藤が「やります、西野さん?」と確認すると、北澤氏は「やると思います。やる準備もしていましたから」と回答。それでも加藤は「1戦目のままいきません?いい状態のままいきません?」と譲らない。

さらに、西野監督就任後に行われた親善試合で試した3バックについて、「あれうまくいかなかったでしょ?」と続けた加藤に、今度は北澤氏が「今まで1トップのチームとしか対戦していない。2トップでくるための3バックの準備でしたから」と反論した。

それでも加藤が疑問を投げかけると、北澤氏は「普通の監督だったらコロンビア戦でよかったメンバーで組んでいくと思うんですよ。けど西野監督って3試合しかなかった練習試合を全員使うとか、今までの監督では考えられないやり方をする。このためにこれを準備してきた。なおかつポーランドは(セネガル戦で)前半同じシステムでやったらミスマッチだった。後半3バックに変えたらうまくいってた」と捲し立てた。

この意見をようやく聞き入れたのか、「3バックでやる可能性があるということか。面白いね」と呟くようにコメントした加藤だったが、すぐさま「俺はやんないと思いますけどね」とキッパリ。スコア予想については、北澤氏が「1-0」と「2-1」(で日本勝利)という2枚のフリップを出すと、加藤は「僕は2-0ですけどね」と切り出すや、「本当に勝てると思ってるんですよ、セネガルに」と話した。