「ロッキー」の最新映画『クリード 炎の宿敵』スタローン×亡き親友の息子、父の命を奪った宿敵に挑む

写真拡大

映画『ロッキー』シリーズの最新作『クリード 炎の宿敵』が、2019年1月11日(金)より日本公開される。

『ロッキー』最新作はアドニス&ロッキーの物語続編

『クリード 炎の宿敵』は、『ロッキー』シリーズの新章として2015年に公開された『クリード チャンプを継ぐ男』の続編。前作では、かつてのロッキーのライバルであり、親友だった亡きアポロの息子アドニスと、師匠ロッキーの世界一への挑戦を描いた。2人の間で生まれる世代を超えた友情やダイナミックなファイトシーンは、多くのロッキーファンの心を惹きつけ、批評家・観客からも“シリーズ最高”と絶賛された。

その続編となる本作『クリード 炎の宿敵』では、主人公アドニスとその師匠ロッキーの前に新たな最強の宿敵が登場。その相手とは、1985年に公開された『ロッキー4/炎の友情』でアドリスの父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴの息子ヴィクターであった。偉大な父を超えるため、そして父の屈辱を果たすために、アドニスとロッキーは新たな挑戦に挑む。

マイケル・B・ジョーダン&シルベスター・スタローンが出演

主人公アドニスを務めるのは、映画『ブラックパンサー』で話題のマイケル・B・ジョーダン。そして、ロッキーは、引き続きシルベスター・スタローンが演じる。そして、対戦相手のヴィクターにはルーマニア人のボクサー、フロリアン・ムンテアヌが起用された。

スタローンは『クリード 炎の宿敵』で“ロッキー”引退

また、1976年に『ロッキー』が公開されて以来、42年間ロッキー・バルボアを演じ続けてきたシルベスター・スタローンは、『クリード 炎の宿敵』を最後にロッキー役から引退することを自身のインスタグラムで発表。「“ロッキー”という素晴らしいキャラクターを生み出し、それを演じられたことはこの上ない名誉だったよ。胸が張り裂けそうな気持ちになるけれど、すべてのことに終わりはある。広い心で受け入れてくれたファンが大好きだし、何よりも素晴らしいのは、“ロッキー”は永遠に不滅で、ファンの心の中で生き続けることなんだ……」というファンへの感謝のメッセージとともに、引退を宣言した。

『クリード 炎の宿敵』ストーリー

『ロッキー4 / 炎の友情』でロッキー最大のライバルにして親友のアポロは、ロシアの王者イワン・ドラゴと対戦。壮絶なファイトを繰り広げた末に倒され、そのまま帰らぬ人となった。あれから歳月が流れ、ついにその息子同士がリングに上がる。シリーズに新風を吹き込んだ傑作と全世界から大絶賛を受けた『クリード チャンプを継ぐ男』でロッキーのサポートを受け、一人前のボクサーへと成長した亡きアポロの息子、アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)。対する相手はドラゴの息子、ヴィクター。ウクライナの過酷な環境から勝ち上がってきた最強の挑戦者だ。アドニスにとっては、父を殺した男の血を引く宿敵となる。アポロ VS.ドラゴから、アドニス VS.ヴィクターへ。時代を超えて魂のバトンが手渡される因縁の対決。絶対に見逃すわけにはいかない。世紀のタイトルマッチのゴングが、いま鳴り響く!

詳細

『クリード 炎の宿敵』
公開日:2019年1月11日(金) 全国ロードショー
出演:シルベスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダン
監督:スティーブン・ケイプル・Jr.
配給:ワーナー・ブラザース映画
原題:CREED


[写真付きで読む]「ロッキー」の最新映画『クリード 炎の宿敵』スタローン×亡き親友の息子、父の命を奪った宿敵に挑む

外部サイト

  • 映画『シンプル・フェイバー』アナ・ケンドリック×ブレイク・ライブリー、女性のしたたかさ描くサスペンス
  • 映画『グリーンブック』天才黒人ピアニスト×無教養白人ドライバー、2人の旅路描く感動の実話
  • 映画『ドント・ウォーリー』ガス・ヴァン・サント×ホアキン・フェニックス、一番皮肉屋な風刺漫画家の半生