W杯日本第2戦は「怖い」スタジム 増設で突き出す客席

ざっくり言うと

  • 日本のW杯2戦目会場のエカテリンブルク・アリーナは1953年に造られた
  • 収容人数が規定に足りず、ゴール裏の両サイドにはみ出す形で客席を増設
  • この客席をめぐり、「傾斜が急」「高くて怖い」などの声が上がっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x