同じ医師による麻酔で子ども2人が死亡 病院側に3200万円の支払い命令

ざっくり言うと

  • 2006年、当時2歳の男児が東京・府中市の病院で麻酔事故により死亡
  • 東京地裁は21日、病院側に対し3200万円の支払いを命じる判決を下した
  • 事故の4カ月前にも同じ医師による麻酔で女児が死亡する事故が起きていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x