デンジャラスKが遂に“想定外のリング”に登場する

写真拡大

14日、都内にあるサムライTV本社において、dragondoor旗揚げ第3戦『Los conquistadores 2』の全対戦カード発表記者会見が行われた。

会見の冒頭には、dragondoor川畑代表が挨拶。同大会メインイベントの近藤修司vs石森太ニ戦が、世界Jr選手権となることを発表。これに対し、“dragondoorの悩めるエース”石森は「自分の希望していた世界Jr戦が実現できるというので、嬉しく思います。これは、会社が与えてくれた最大のチャンスです。このチャンスをものにして、この世界Jrのベルトを巻きたいと思います」と決意を述べた。

また、第一試合で、ZERO1-MAX選抜選手との対戦が決まった菅原拓也も会見に出席、試合については「言いたいのが、まず、ZERO1-MAX選抜選手って何だよ。誰か分かんねーんだろ?ここは藤田が出てこないと、なんも意味のない。リトルに関しては、結構舐めてた部分もあるので、前回の借りを返して終わりってことで。以上」とコメントした。

会見の最後には、川田利明、飯伏幸太vs大鷲透、高木省吾のタッグマッチについて、大鷲と川田が心境を語った。
最初に大鷲が川田をキッと睨み付け「川田利明の歴史に大鷲透を刻み込んでやるよ」といえば、川田は「今年は自分の幅を広げるという考え方でずっとやってきているんで、急な話しではありますし、どういうことをやっているリングか分からないし、対戦相手も分からない部分が多いんですけど、ずっと上がってきた全日本に上がれない状態なので、少しでもファンの前に顔を出せるリングがあればと、このリングで頑張らせてもらいます。近藤(修司)とは、シングルマッチでやってますし、近藤と同じリングでやっている選手ということなので期待してます」と話した。

『Los conquistadores 2』全対戦カードはこちら