当時18歳の少年が起こした事故に「成人の刑」警察と検察の怠慢で捜査遅れ

ざっくり言うと

  • 事故を起こして罪に問われた当時18歳の少年が成人として裁判を受けていた
  • 弁護側は警察と検察の怠慢で捜査が遅れたと指摘し、起訴を無効と主張
  • 懲役5年としていた1審の量刑が半減され、懲役2年6月の判決が言い渡された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x