1月26日に横浜地裁から破産開始決定を受けた、はれのひ(株)(TSR企業コード:872372723、横浜市、篠洋一郎社長)の債権者集会が6月20日、横浜市内で開かれた。成人式を台無しにされた新成人や親族、取引業者など約70人が参加した。
 会場には多くのマスコミが駆けつけ、事件から半年を過ぎても関心の高さをみせつけた。1月26日の会見を最後に公の場に姿を見せていない“主役”の篠社長は欠席した。債権者からは篠社長の無責任な態度に憤りの声が多く聞かれた。
 負債は10億8,500万円に対し、資産は1,620万円にとどまる。滞納税金、未払い給与などの優先債権1億400万円だけでも資産を上回る。
 破産管財人の増田尚弁護士は、「店舗で保管されていた着物の返還はほぼ終わったが、会社の資産が乏しく、債権者への配当は難しい」と見通しを語った。来年以降のレンタル契約者については、購入者を特定できない着物などを買い取った「装いの道(株)」(TSR企業コード:290593310、東京都千代田区)が契約者に無料で貸し出す方針という。
 被害者の一人は東京商工リサーチの取材に対し、「付属品の返却はないが、着物は戻ってきた。今さらこれ以上は望まない」とあきらめたように話した。
 篠社長の負債は、銀行借入などの保証債務だけで約4億円に及ぶとされるが、個人破産は申請していない。債権者集会の前から篠社長は海外に滞在しているとの情報があり、連絡もつかないことから集会への出席が注目されていた。篠崎社長が身を隠す理由は知る由もないが、このまま逃げていても被害者の心は晴れない。

多くの報道陣が詰めかけた債権者集会会場
(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年6月22日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

 TSR情報とは