08年度の選手権で大迫は6試合10得点。平山が持つ1大会の最多得点記録を塗り替え、鹿児島城西を準優勝に導いた。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

[ロシアW杯グループH] 日本2-1コロンビア/6月19日/モルドビア・アレーナ(サランスク)

 サランスクの奇跡から一夜明けたが、今もなお各方面で日本代表の勝利に沸いている。とりわけ、値千金の決勝点を叩き込んだ大迫勇也に対する称賛の声が鳴り止まない。

 ツイッターなどで多くの人が関心を示し、コロンビア戦の殊勲者を激賞。”大迫半端ないって”という投稿でストライカーを讃え、ネット上ではこの言葉がホットワードになっている。

 では、何故、大迫は”半端ない”と言われているのか。もちろん、彼の能力が”半端ない”からそう呼ばれているわけなのだが、事の発端は高校時代まで遡る。
 鹿児島城西高時代から大迫は名の知れたプレーヤーだった。世代別代表にも招集され、高校3年生に進級した頃には高校ナンバーワンストライカーと呼ばれるまでに成長。そして、迎えた08年度の高校サッカー選手権で知名度は一気に全国区となる。

 冬の風物詩とも言える大舞台で大迫は1大会10ゴール(全6試合で得点)を奪取。平山相太(FC東京)などが持っていた大会記録の9ゴールを更新し、チームを準優勝に導く大車輪の働きを見せた。

 当時の大迫は初戦から4試合連続で2得点を奪取。同じ高校生なのだが、相手はまるで歯が立たない状態だった。その当時のエピソードを象徴するものとして、語り継がれているのが準々決勝の滝川二戦後の出来事だ。

 4強入りを決めた一戦で大迫は2ゴール。華麗なトラップなどで異次元のパフォーマンスを見せた点取り屋に対し、滝川二DFの中西隆裕はお茶の間の話題をさらう”ある言葉”を残した。
「大迫半端ないって! あいつ半端ないって! 後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん、そんなん出来ひんやん普通。そんなん出来る? 言っといてや、出来るんやったら。新聞や、全部新聞や。撮られたし、もう(大迫)また一面やし。またまたまたまた2ゴールやし。一発にしとけばよかった一発に。大迫うまいなぁー。どうやったら大迫止めれんのやろ?」
 これに対して、当時チームを率いていた栫裕保監督も「あれは全日本(日本代表)に入るな。あれは凄かった。俺握手してもらったぞ。鹿児島城西を応援しよう!」と選手たちを励ましつつ、大迫のプレーを称賛。試合後のロッカールームで行なわれた一連のやりとりはテレビで流れ、高卒で鹿島に入団して以降も”大迫半端ないって”というフレーズが度々使われるきっかけとなった。

 栫監督の言葉通り、日本代表となった大迫。もっとも本人は5月の新スパイク発表イベントで「(半端ないという言葉に対して)ちょっとそっとしておいてほしいと思った」と当時を回想していたが、コロンビア戦の活躍によって、いまや日本中で知られる代名詞となったのは間違いない。