増田セバスチャン×クロード・モネ≪睡蓮の池≫、大型インスタレーションをポーラ美術館で

写真拡大

増田セバスチャン×クロード・モネ「"ポイントリズム ワールド(Point-Rhythm World) -モネの小宇宙- "」が、2018年7月22日(日)から12月2日(日)まで、箱根・ポーラ美術館にて開催される。

KAWAII文化を中心に活躍する日本人アーティスト・増田セバスチャンは、色の魔術師との愛称を持つアートディレクター/アーティスト。きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MV美術や「KAWAII MONSTER CAFE」のプロデュースなど、幅広いシーンで活躍している。

そんな増田セバスチャンが焦点を当てたのは、クロード・モネの≪睡蓮の池≫。誰もが知る名画を時空も文化も超えて再構築し、大型インスタレーション作品を展開する。

イベントタイトルにもなった「ポイントリズム」とは、「点描」という英語から派生した様々なマテリアルをリズミカルに組み合わせて作品を構成するという手法を意味する造語。増田セバスチャンは、「ポイントリズム」というオリジナルの手法を確立し、さらに、映像・音響といったデジタルテクノロジーや身体表現等、様々な表現者とコラボレーションし、≪睡蓮の池≫の世界観の拡張を試みている。

箱根・ポーラ美術館での開催では、展示室内に設置したカメラがセンサーで鑑賞者を捉え、インタラクティブな映像が作品内に投影される。また、音楽も鑑賞者の動きや時間によって変化していく。

さらに、館内のカフェ、レストランでは、「"ポイントリズム ワールド(Point-Rhythm World) -モネの小宇宙- "」に着想を得た色鮮やかなスイーツ《睡蓮》が提供される。

なお、箱根の開催前には、東京・銀座で「"ポイントリズム ワールド(Point-Rhythm World) -モネの小宇宙- "」を実施。大好評で会期を終えた人気企画が、再び人々を魅了することになる。

【詳細】
増田セバスチャン×クロード・モネ「Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-」
開催期間:2018年7月22日(日)〜12月2日(日)※会期中無休
開催時間:9:00〜17:00※入館は16:30まで。
入場料:大人 1,800円、65歳以上 1,600円、大学生・高校生 1,300円、中学生・小学生(土曜日無料) 700円
※モネ《睡蓮の池》は本展開催期間を通して「ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ」展(9/27のみ展示替のため休室)にて展示。
※団体15名以上割引、上記料金で同時開催「ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ」展および常設展示も鑑賞可能。
※障害者手帳持参者は、本人と付き添いの方1名まで割引。
会場:ポーラ美術館
住所:神奈川県足柄下群箱根町仙石原小塚山1285


[写真付きで読む]増田セバスチャン×クロード・モネ≪睡蓮の池≫、大型インスタレーションをポーラ美術館で

外部サイト

  • 「ニフレル×装苑 生きものとアートにふれる展」音×布×光の幻想空間や宇野亞喜良の巨大作品展示など
  • 「小瀬村真美:幻画〜像の表皮」展が原美術館で、絵画のようなアニメーションなど30点
  • 半透明の布を使った大型彫刻作品、韓国人アーティスト「スゥ・ドーホー」の個展が十和田市現代美術館で