至学館大は18日(2018年6月)、レスリング部の栄和人監督(57)を解任したと発表した。

理由は、栄監督が謝罪会見をした14日、全日本選抜レスリング選手権初日の試合中に、お笑い芸人の千原せいじさんらと焼肉ランチをしていたこと、2日目にも試合中に会場外でランチしたことなど。さらに、解任の直接的な原因ではないというが、14日夜にはキャバクラ店に行ったことが明らかになっている。

とくダネ!では17日に解任を明らかにした谷岡郁子学長(64)の会見に注目。これまで絶対的に栄氏を擁護してきた学長は、手のひら返しをしたように「アンバランスの権化」「よく社会を渡ってきたわね」などと栄氏を批判した。

昼はお笑い芸人とランチ、夜はキャバクラ店では...

また、谷岡学長は、3日前には栄氏の監督復帰について「選手ファーストです。選手たちが望んでいた」とにこやかに話していたのに、17日には「選手たちも不信感を持っている」とした。

古市憲寿(社会学者)「栄さんと谷岡学長ってすごい蜜月関係にあったのに、個人的な人間関係のもつれでもあったのですかね」

中江有里(女優・作家)「学長は選手ファーストとずっと言っているけれど、自分の気持ちが離れてしまったように見える」

伊藤利尋(フジテレビアナウンサー)「選手たちの心って、そんなにコロッと変わるかな? 『選手たちの心』という言葉を弄んでいるようにも聞こえます」

司会の小倉智昭「話は変わるけど、キャバクラの女性! 焼肉食べさせてもらって、同伴手当もらって、(週刊誌に)動画を売るって、そっちの方にも相当腹が立ちます」

伊藤「色々もやもやしますね」