『天 天和通りの快男児』イメージビジュアル ©福本伸行・竹書房/「天」製作委員会 ©福本伸行/竹書房

写真拡大

テレビドラマ『天 天和通りの快男児』が今秋にテレビ東京、BSジャパンで放送、Paraviで配信される。

【もっと画像を見る(3枚)】

テレビ東京と動画配信サービスParaviがタッグを組んだ第1弾ドラマとなる同作は、福本伸行による麻雀漫画『天 天和通りの快男児』の実写ドラマ版。麻雀の請負業を営む天貴史と、天に憧れる井川ひろゆきが、日本の裏麻雀界の頂点を決めるために、神域の男と呼ばれる伝説の雀士・赤木しげるや関西屈指の現役最強の雀士・原田克美に戦いを挑んでいくというあらすじだ。

無類の勝負強さと強い意志を持つ博徒・天貴史役を演じるのは岸谷五朗。脚本は、福本作品にとって民放初のドラマ化となった『銀と金』の脚本を手掛けた根本ノンジをはじめ、政池洋佑、宮本正樹が担当する。監督は二宮崇、柴田啓佑、宮脇亮。

岸谷五朗は「来月クランクインなのですが、まずは(麻雀の)手つきから、役作りを始めています。プロの先生から演技指導で麻雀牌の持ち方を教えて頂いたり、新幹線での移動時間などでも手になじむように牌をずっと触っていたり。あとは麻雀好きな会社のマネージャーと雀荘に行く予定を入れていたりします(笑)」とコメントしている。