春のGIシリーズのフィナーレを飾る宝塚記念(阪神・芝2200m)が6月24日に行なわれる。今年もサトノダイヤモンド(牡5歳)をはじめ、ヴィブロス(牝5歳)、キセキ(牡4歳)など注目のGI馬が顔をそろえるが、そのなかで1頭、馴染みの薄い存在がいる。

 香港馬のワーザー(せん7歳)である。


宝塚記念に挑戦する香港馬のワーザー

 宝塚記念における外国馬の出走は、1997年のセトステイヤー(オーストラリア)以来で、香港調教馬の参戦はこれが初めてのこととなる。

 香港調教馬はこれまでも数多くの馬が来日し、スプリントやマイルのGI戦で輝かしい実績を残してきた。世界的な活躍馬も多く、短い距離を得意とするイメージが強い。しかしながら、短距離やマイル戦線ほどその層は厚くないものの、中距離戦線においてもトップホースとなれば、その実力は決して侮れない。

 例えばこの1年だけ見ても、昨年12月の香港C(シャティン・芝2000m)ではタイムワープが、日本のネオリアリズムやステファノスらを相手に悠々と逃げ切り勝ち。この4月のGIクイーンエリザベス2世C(シャティン・芝2000m)ではパキスタンスターが、日本のアルアイン、ダンビュライトらを蹴散らして圧勝している。

 今回、宝塚記念に挑むワーザーも、そうした香港中距離界のトップホースの1頭だ。2年前のクイーンエリザベス2世Cでは、ラブリーデイ、ヌーヴォレコルト、サトノクラウンといった面々をあっさりと打ち破っている。

 ワーザーはその後も香港の中距離GIで2勝を挙げており、国際招待競走においても昨年のクイーンエリザベス2世Cが3着、香港Cが2着。今なお高いレベルを維持し、安定した成績を残している。

 ニュージーランドで競走生活をスタートし、オーストラリアを経て香港に移籍したワーザー。以降、GI3勝(ローカルGIの香港ダービーを含めれば4勝)という実績は、今回の出走メンバーのなかでは最上位と言える。

 ただ、一昨年の秋と今年の春と、2度の戦線離脱を経験。本来であれば、もっとタイトルを積み重ねていてもおかしくなかった。そんな”物足りなさ”もあって、管理するジョン・ムーア調教師は今回、自身11年ぶりとなる日本遠征を決断した。

「ワーザーを宝塚記念に出走させる」

 日本のメディアにそう語ったのは、今春4月のクイーンエリザベス2世Cが行なわれる週だった。

 今年2月、ワーザーは連覇を狙ったGI香港ゴールドC(シャティン・芝2000m)のレース中に鼻出血を発症。そこで結果が2着に終わったうえ、復帰が4月に行なわれる地元のビッグレースにも間に合わないことから、矛先を日本に向けたのである。

 過去、2006年と2007年の安田記念に管理馬を出走させているムーア調教師。2006年にはジョイフルウィナーが3着入線を果たしている。しかし、その後は安田記念などに管理馬を登録させても、実際に出走させることはなかった。ムーア調教師御用達の飼料が、日本では使用できないなどの理由があったからだ。

 ゆえに今回も、当初は日本メディアに対するリップサービスだろうと思われたが、違った。ムーア調教師は”本気”だった。

「この時期、日本は梅雨。馬場がこの馬に向く。しかも、昨年のキタサンブラック(9着惨敗)のように、日本のトップホースは決してピークの出来にない。そうだろう?」

 ワーザーの渋った馬場での高い適性を示し、さらには宝塚記念に向かう日本の馬たちの傾向や状況を綿密に分析していたのだ。

「この馬は、もっと勝つべき馬なんだ」

 そう付け加えたムーア調教師。同師にとって、ワーザーがその資質に見合った成績を残すことが、当面の目標のひとつのようだ。そして、それを果たすことができるのが、日本である――という確信が、ムーア調教師自らがずっと忍ばせていた”カード(日本遠征)”を切らせた。

 ワーザーは復帰後、予定どおり宝塚記念前のひと叩きとして、地元のGIIIライオンロックトロフィー(6月3日/シャティン・芝1600m)に出走。直線で再三行き場を失って6着に敗れたものの、その分、馬にはダメージが残らなかった。

 いい”ガス抜き”となったレースを消化して、ワーザーは6月14日に日本へと出発した。その翌日、シャティン競馬場で改めてムーア調教師に話を聞いた。

「前走は、完全にトラフィックジャム(渋滞)だった」

 ひと叩きの一戦を、まずそう振り返ったムーア調教師。両手を胸の前でパンパンと軽く当てながら、結果については不満そうに語ったが、その表情は明るく、自信に満ちあふれていた。

「3カ月半ぶりのレースを一度使って、(宝塚記念に向けての)仕上がりはよくなっています。飛行機での輸送も、ニュージーランドやオーストラリア、そしてここ(香港)へ来るときにも経験しているので、問題はありません。実際、今回も『(輸送は)うまくいった』と、帯同したアシスタントから連絡が入っています」

 今回、ワーザーは事前に大きな”運”も手繰り寄せている。実は、4月の時点では香港ダービーを含むGI4勝の手綱をとったヒュー・ボウマン騎手に先約があったのだが、急遽その話がなくなって、最強パートナーを再び鞍上に迎えることができたのだ。ムーア調教師が語る。

「彼が一番この馬のよさを出してくれますからね。しかも彼は、日本の競馬の経験も、実績も十分。心強いこと、このうえない。いい運が向いてきたと思います」

 最後に勝算をたずねると、ムーア調教師はきっぱりと言った。

「馬もフレッシュで、騎手もベスト。これで、いい結果が出なければ、言い訳のしようがありません。楽しみにしていただいて、いいですよ」 体調管理も調整も難しい季節。日本勢が万全でなければ、本気度で勝る香港馬の一発があってもおかしくない。

◆アドマイヤジャスタに乗ったスタッフ全員が「この馬は違う」と唸った>>

◆ミディオーサは動きがピカイチ。「気性難」に悩む姉よりも期待できる>>