『スティルライフオブメモリーズ』チラシビジュアル ©2018Plaisir/Film Bandit

写真拡大

映画『スティルライフオブメモリーズ』の予告編が公開された。

【動画と画像(20枚)を見る】

7月21日から公開される『スティルライフオブメモリーズ』は、フランスの写真家アンリ・マッケローニとその愛人が過ごした2年間の話に影響を受けて企画された、矢崎仁司監督の最新作。妊娠中の恋人・夏生を持つ写真家・春馬の写真展を訪れた美術館のキュレーター・怜が春馬の写真に心を奪われ、自身を撮影するよう依頼し、2人が撮影を通じて徐々に惹かれ合っていくというあらすじだ。春馬役を安藤政信、怜役を永夏子、夏生役を松田リマが演じる。R-18指定作品。

予告編には、「ここを、撮ってください」と言った怜を春馬が撮影する様子をはじめ、森で春馬が怜を追いかけるシーンに加えて、夏生の姿、「あなたの写真になりたい。」というテロップなどが映し出されている。

永夏子は「私が演じた怜は、信念と創作意欲、自分の中に渦巻くエネルギーを秘めている女性。純粋さや不器用さも持ち合わせていて、演じていくうちに、怜の中に矢崎監督がいると感じる瞬間が多くありました」、松田リマは「私自身、ありのままに生きる夏生という役を通して、これまで経験したことのない感情がはじける瞬間、『生』を感じる瞬間がたくさんありました」とそれぞれコメントを寄せている。

■永夏子のコメント
私が演じた怜は、信念と創作意欲、自分の中に渦巻くエネルギーを秘めている女性。
純粋さや不器用さも持ち合わせていて、演じていくうちに、怜の中に矢崎監督がいると感じる瞬間が多くありました。
この映画は、一枚の絵や写真のようなもの。
日常を忘れて、ふらっと美術館や写真展に立ち寄る感覚で劇場に来ていただけたら嬉しいです。

■松田リマのコメント
『スティルライフオブメモリーズ』は性器の話から枝葉が広がり、女性の人生の物語、命の物語になっていく映画です。
夏生は、嘘がつけない真っ直ぐな少女性と愛する恋人を包み込む母性、両方持っているキャラクター。
私自身、ありのままに生きる夏生という役を通して、これまで経験したことのない感情がはじける瞬間、「生」を感じる瞬間がたくさんありました。
今、なにかに迷っている同世代の若い女性にも観て欲しいです。