東京11R「ユニコーンS」ダ1600
★実績、実力でライバルをリードするルヴァンスレーヴを素直に信頼★
◎14ルヴァンスレーヴ
○13リョーノテソーロ
▲7グリム
△8ハーベストムーン、9コマビショウ
 勝ち馬から続々、GI馬を輩出している出世レース。
 「ルヴァンスレーヴはすでにGIを勝っている。川崎の交流重賞、2歳優駿」
 それも、無傷の3連勝で栄冠奪取。並みの馬に出来る芸当ではない。
 「今年初戦の伏竜Sはソエの影響で2着惜敗、4連勝はならなかったが、敗因は歴然だ」
 脚元はもう大丈夫。
 「東京1600辰魯廛薀織淵江泙鬟譽魁璽匹念犠,靴拭∈播の条件。何かアクシデントがない限り好勝負必至」

東京10R「青梅特別」ダ1600
★底知れぬパワーを秘めたワイルドカードが、ベストパフォーマンスを披露★
◎ワイルドカード
○ブライトリビング
▲シヴァージ
△ジェイケイライアン、ロスカボス
 ワイルドカードはデビューから無傷の3連勝で、ここと同条件の姫路特別を圧勝している。
 「しかも、500万、千万特別はいずれも休み明け。540舛梁膩診呂世仕上がりの早いタイプだ。今回は2か月ぶりだが全く心配無用」
 前走は3着惜敗。4連勝のチャンスを逸しているが、準オープンでもメドを立てたのは大きい。
 「降級してチャンスは大きく広がった。人気でもこの馬には逆らえない」

阪神11R「米子S」芝1600
★コース替わりで集中力アップ、タイセイサミットが本領を発揮する★
◎タイセイサミット
○アメリカズカップ
▲チェッキーノ
△ジョーストリクトリ、マサハヤドリーム
 実績だけならチェッキーノ(16年オークス2着)が最右翼。ただ、2年1か月のブランクは大きすぎる。
 「そこで本命は、タイセイサミット。近3走は↓↓γ紂A袷のメイSも積極的に逃げて0秒7差、決して悲観する内容ではない」
 集中力に課題があり、直線の長い東京から阪神コースに替わるのはプラスに働くハズ。
 「直線が短くなり集中力が持続する分、チャンスは広がった」函館11R「函館スプリントS」芝1200
★鳴かず飛ばずのGI馬、セイウンコウセイがついに復権を果たす★
◎1セイウンコウセイ
○8ワンスインナムーン
▲7ナックビーナス
△2ダイアナヘイロー、13キングハート
 セイウンコウセイが昨年のリベンジ。
 「その昨年は、1番人気を集めたが結果は4着。考えられる敗因は、高松宮記念を圧勝した疲れが残っていて、レコード決着のスピードに対応出来なかった」
 今年はここまで高松宮記念6着(0秒3差)、京王杯スプリングC12着(0秒5差)、どちらも目一杯走っていないから、活気がある。
 「実際、ケイコの動きは全盛時を彷彿させる。広い東京から小回りの函館コースに替わるのもプラスに働くハズ」