山陽新幹線のぞみの人身事故 線路侵入対策にあった「穴」

ざっくり言うと

  • 山陽新幹線の人身事故で、死亡した男性は自ら線路内に侵入したとみられる
  • 通常は入れない構造だとJRは説明するが、現場付近には高架へつながる足場が
  • ある専門家は「山間部や丘陵地では侵入しやすい場所が増える」と指摘する

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x