U-16日本代表の右SB角昂志郎が縦へ仕掛けるが、セネガルは簡単にクロスを上げさせなかった

写真拡大

[6.15 U-16インターナショナルドリームカップ第2節 U-16日本代表 0-2 U-16セネガル代表 ユアスタ]

 日本、セネガル、スペイン、パラグアイのU-16年代の代表チームが総当たりのリーグ戦で優勝を争う「U-16 インターナショナルドリームカップ2018 JAPAN presented by 朝日新聞」は15日、第2節を行った。セネガルと対戦したU-16日本代表は0-2で敗れ、2連敗。日本は17日の最終節でスペインと戦う。

 完敗だった。前半7分に競り負けたシーンが3度続いて先制点を許すと、ゾーンで守る相手に対して攻撃のテンポを上げることができない。幾度かサイドでDFと入れ替わるシーンを作った日本は後半開始直後にリズム良くボールを繋いでいた時間帯もあったが、カウンターから2失点目。シュート計18本を浴びて敗れ、最終節を前に2連覇の可能性がなくなった。

 日本は2-3で敗れたパラグアイ戦からCB鈴木海音(磐田U-18)、MF横川旦陽(湘南U-18)、MF成岡輝瑠(清水ユース)、MF中野桂太(京都U-18)を除く先発7人をチェンジ。4-4-2システムのGKは山田大樹(鹿島ユース)で4バックは右SB角昂志郎(FC東京U-18)、ゲームキャプテンのCB鈴木、CB岩崎真波(横浜FMユース)、左SB大串昇平(G大阪ユース)。中盤は横川と成岡のダブルボランチで右MF中野桂、左MF山根陸(横浜FMジュニアユース)。2トップは樺山諒乃介(興國高)と田中禅(鳥栖U-18)がコンビを組んだ。

 パラグアイ戦では序盤に相手の勢いに飲み込まれて2失点。後半立ち上がりにも失点して競り負けた。課題を確認して臨んだ日本だったが、前半7分、右サイドで競り負けてクロスを上げられると、ファーサイドで競ることができずに折り返されてしまう。ゴール前でも三度競り負けてしまい、FWアリウ・バダラ・バルデに自らのシュートの跳ね返りを押し込まれてしまった。

 セネガルのマリック・ダフ監督は「日本の試合を見た時に、守備のところに問題があると思っていました。DFとMFのところにスペースができていた」と説明する。その“弱点“を突かれて失点した日本は、ポゼッションを高めて反撃。前線で田中が幾度かボールを収めて起点となり、樺山がドリブルでファーストDFを剥がして前進する。また右サイドからスピードを活かして駆け上がってくる角がラストパスまで持ち込んでいた。だが、少しでも判断が遅れると、セネガルDFにボールを触られ、浮き球や対角のパス、狭い局面でのパスなどをことごとくカットされてしまう。

 樺山や山根、横川がミドルシュートにチャンレンジしていたが、セネガルの間合いに慣れないまま進んだ前半。攻めきる前にボールを失い、相手のスピード豊かなカウンターに決定機を作られていた。後半開始から日本は岩崎、大串、山根に代えてCB半田陸(山形ユース)、左SB中野伸哉(鳥栖U-15)、MF山内翔(神戸U-18)を投入。その立ち上がりは3人、4人が絡んでのパスでリズムを掴んでいた。

 13分には田中に代えてFW唐山翔自(G大阪ユース)を投入。だが、良い時間帯は続かなかった。ブロックを作って守るセネガルの前にパスの出しどころを失い、攻撃が停滞してしまう。精度も欠いて中盤、前線に良い形でボールが入らない日本は、奪われてカウンターを食らう場面の連続。GK山田のファインセーブなどで何とか1点差のまま食らいついていたが、24分には強引に仕掛けに行ったところでボールを奪われると、カウンターから抜け出されて0-2とされてしまう。

 28分に樺山に代えてCB佐古真礼(東京Vユース)を送り出した日本は、角を左SHに移行するなどシステムを4-2-3-1へ変えて反撃する。直後には唐山の突破からファーサイドの角が左足ボレーを放ったが、その後チャンスの数を増やすことができなかった日本は0-2で敗戦。森山佳郎監督は「オン・ザ・ボールでのミスをもっと減らしていかないといけない。もうちょっとミスが減れば、こっちのリズムになりそうかなというところでできなかった」と課題を口にしていた。

 中盤で前を向いた際にはチャンスになりかけていたシーンもあっただけに、もう少し揺さぶりながら攻めたかったところ。だが、前につけるパスの精度が低く、テンポが上がらなかった。また守備面では我慢強く守っていた一方、最後のところで相手に寄せきれなかったり、足先で行って奪いきれなかったりしたところが失点に繋がった。セネガルのスピード、間合いに最後まで慣れることができなかった選手もいる。森山監督は「前半に代えられた選手には泣いていた選手もいた。成長のきっかけにして欲しい」。W杯でセネガルと戦うA代表に良いニュースを届けることはできなかった。最終節、優勝のかかるスペイン相手にこの2試合で学んだことや自分たちの良いところを少しでも出して、結果に繋げて大会を終える。

(取材・文 吉田太郎)