今回で3回目のワールドカップを迎える長谷部は、チームに経験を還元するつもりだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 日本代表は現地13日、オーストリアのキャンプ地を離れてロシアへ発った。いよいよワールドカップ初戦のコロンビア戦まで1週間を切り、選手たちの緊張感も徐々に高まっている。
 
 今回で3回目のワールドカップとなる長谷部誠は、「向こうについて周りの環境が変われば、より実感が湧くと思います。初戦まであと1週間くらいなので、本当に初戦にフォーカスしてやっていきたい」と初戦に向けた心構えを静かに語った。
 
 12日のパラグアイ戦で西野体制下での初勝利を飾り、チームの雰囲気は良い。長谷部自身も「食事会場でもそうだし、選手はもちろんですけど、チームスタッフも笑顔です」と変化を明かしている。
 
 ただ、これから本番を迎えるにあたり、ピリッとした空気感も必要だ。ワールドカップのような短期決戦では初戦が重要になるが、百戦錬磨のキャプテンは「監督もワールドカップは初めてですし、逆に経験している選手もたくさんいるので、そういうものを若い選手たちには伝えていきたいなと思っています」と指揮官も含めたチーム全員をサポートし、総力体制で挑むつもりだ。