プレッシングをこなしつつ、2点を挙げてアピールした乾は、スタメン候補に名乗りを挙げた印象だ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 パラグアイ戦は、立ち上がりから違ったね。なんというか、チーム全体が謙虚だった。ボールを持った選手が考えて何かをしようというのではなく、動いている選手をどんどん使ってリズムを作っていたんだ。
 
 特長的だったのは、ツータッチ以内のパスが多かったこと。チームとして球離れを早くしようという意図を感じたよ。ツータッチ以内でやろうという約束事があったのかもしれないね。
 
 ダイレクトやツータッチでのボール回しは、近くに味方がいないとできない。それだけいろんな選手が動いていたということだ。これはメンバー編成が大きく影響したんだと思う。岡崎や乾といったチームのために汗をかく選手が入ったことで、チームがガラッと変わった。自分が生きるためではなく、献身的に働ける選手が多かったから機能したんだ。この姿勢が今の日本には必要だろう。
 
 なかでも、乾は気が利いていて、相手のディフェンスと駆け引きをしながらチームにリズムを作っていた。僕は現役の時にサイドバックをやっていたから分かるけど、寄せた時にバックパスで逃げる相手は与しやすいんだ。でも、乾はそこでボールを収めて一拍置く。そうなると駆け引きが出てくるからサイドバックは守りにくい。
 
 なおかつ、乾はそこから仕掛けて点に絡んでいるからね。自分のプレーを主張しつつ、周りとも上手く連係していた。香川とは阿吽の呼吸だったし、2ゴールという結果でレギュラー候補に名乗りを上げた印象だ。
 
 柴崎がリズムを作っていたのも見逃せないね。シンプルにボールを叩くから、周りも淀みなく動けた。ガーナ戦やスイス戦は動いてもパスが出てこない場面が多かったけど、それが解消されていたよ。全員で何かをやろうという感じでボールが回っていて、ここ3試合のなかではチームとして一番機能していたと思う。
 
 パラグアイはロシア・ワールドカップに出場しない国。これからチームを作っていこうという段階だから、いろいろと厳しさは欠けていたけど、それでも点が取れたのはポジティブに捉えていい。点の取り方も良かったよ。今までは、あまりミドルを狙う選手がいなかったけど、乾はシュートチャンスできっちり打って結果を出した。香川などの気心知れている選手がいることで、お互いを尊重して良い部分を引き出しあっていたよね。
 
 攻撃面だけでなく、守備が締まっていたのも良かった。植田も昌子も良いパフォーマンスを見せていたから、それこそ3バックをやる時は、このユニットに吉田を加えた3枚もありだろう。極端な話、4バックの時に植田をサイドバックで使ってもいいね。それくらい植田や昌子の出来は良かった。対人に強いし、鹿島で一緒にやっているだけにコンビネーションに問題がないというのは、即席チームにとって心強い要素だ。

 2点を取られたのは反省材料だけど、あれは相手を褒めるべき。自分たちのミスでやられたガーナ戦やスイス戦とは違って、パラグアイ戦は相手のシュートが良かったと判断できる失点だった。今までは自分たちのミスから失点するという反省点ばかりだったけど、相手に対して「こうしよう」という教訓まで進んだんだから一歩前進したよ。
 
 パラグアイ戦は「バックアップの選手を試す」と西野監督が言っていたよね。それを聞いた時は、「まだ決まってないの?」とも思ったけど、逆に今日のゲームで良い意味で悩みが出てきたはずだ。ワールドカップでは、パラグアイ戦のメンバーがベースになっていいと思う。各ポジションの選手が役割を果たして、素早いパスワークやしっかりとしたディフェンスを表現できた。そこをベースにチーム組み立てるのが今の状態では最善の策だ。