米朝首脳会談はお互いに「ただ会ってみただけ」で終わった感が強いが、直後の記者会見でトランプ大統領がかなりはっきりと言明したことが一つあった。米韓合同軍事演習をさし当たって止めるというのだ。「われわれが戦争ゲームをやめれば、巨額の費用を節約できるし、とても挑発的だ。われわれが交渉している状況で、戦争ゲームは不適切だ」という。

在韓米軍の縮小・撤退についても、「今ではないが・・・」と言いながら、「(駐留兵士を)家に帰らせたい」と語った。

朝鮮半島の情勢激変

日本への影響はどうか。三浦瑠麗さん(国際政治学者)は「今後は朝鮮半島では中国が兄貴分として影響力を及ぼしていくでしょう。日本は在日米軍基地を抱えて、自立しないままアメリカの傘に下に留まるわけで、唯一、中朝に向かい合う国家になります」

司会の小倉智昭「安倍首相が最大限の圧力といまだに言っている感じですが、これって日本はどうなるのですかね」