パラグアイ戦で最も輝きを放った乾。まさに苦しんでいた日本に光をもたらす活躍だった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 パラグアイ戦は、日本代表が久しぶりに積極的な試合を見せてくれた。岡崎や植田、東口などしばらく見ない選手たちも出てきたけど、チームとして攻守両面で攻撃的な戦い方ができていたから、戦力的にはチーム内の誰が出てもさほど変わらないというポジティブな見方もできたんじゃないかな。

 この試合で、最も目立っていたのが乾だったことは言うまでもないだろう。前半から、ミドルを放ち、ペナルティエリアの中に侵入してのシュートなど、積極的にチャンスに絡んでシュートを打ちに行く姿勢を見せていたけど、これが後半になって実を結んだ。

 とにかく、ガーナ戦、スイス戦と日本はシュートへ持ち込もうとする意欲に欠けていたからね。乾の積極性は称えられるべきものだし、逆にパラグアイの2得点も敵ながらあっぱれと言いたいところだよ。いずれも日本の守備陣がゴール前に揃っているなかで思い切って足を振り切って、ゴールに叩き込んでいる。2ゴールとも、日本のGKにとってはDFの足もとから低くて速いシュートが飛んできたから、止めるのは難しかっただろうね。こういうシュートは日本も見習って、もっと積極的に打ちにいってほしい。
 
 ただ、日本は後半に4ゴールを奪ったとはいえ、前半はノーゴールに終わっている。決して、攻撃のリズムは悪くなかっただけに、やはりフィニッシュをしっかりモノにしてもらいたかった。なかでも、やはり香川にはよりアグレッシブなプレーを求めたい。前半に乾の決定機を演出したパスにしても、自分で前を向いて勝負できる状況があるわけだから、なんとか自ら持ち込んで打ってやろうという気迫を、あの場面では見せてほしかった。

 もちろん、試合終了間際にドリブル突破からねじ込んだゴールは、香川の果敢な仕掛けがモノを言った得点だったのは間違いない。だけど、こういうプレーができるんだから、とにかく最初からガンガン行って、もっと相手に脅威を与える存在になってほしいね。
 
 パラグアイ戦では、乾、香川とともにもう一人攻撃に良いリズムをもたらしている選手がいた。右サイドハーフを務めていた武藤だ。彼は運動量が豊富なうえに、球際での強さも目立っていたね。そこで球が落ち着いていたこともあって、よく起点になっていたし、乾の2点目も右サイドの武藤からのパスで始まっていた。

 あのまま武藤が出ていたら、もっとゴールを量産できていたんじゃないかなと思うほど、右サイドでよく機能していた。守備面でもインターセプトを狙う場面が多かったし、積極的にやれていたんじゃないかな。

 パラグアイ戦の攻撃陣は概ね合格点。ただ、1トップの岡崎は、守備面での働きは良かったものの、攻撃面ではもう少し周囲との連係で抜け出すシーンなどを作って、アピールしてほしかった。

 そう考えると、日本の前線は1トップに大迫、右サイドに乾、左サイドに武藤、トップ下には西野監督が信頼を置く本田もいるけれど、テストマッチの状況から考えると香川、という顔ぶれが妥当だろう。並びもスイス戦とパラグアイ戦の出来を見れば、両翼を少し前目に配置した3トップ気味のほうが、守備も機能するのではないかな。
 
 ボランチはどうだろうか。西野監督は、これまで一貫して長谷部を起用してきたけど、パラグアイ戦では山口も見劣りしないパフォーマンスを見せた。守備的ボランチに関しては、どちらとも言い難い。一方の司令塔的な役割を担う攻撃型のボランチでは、ガーナ戦、スイス戦で安定していた大島がいいだろう。パラグアイ戦の柴崎も決して悪い出来ではなかったが、どちらかと言えばより相手の危険なエリアで仕事をしたほうが、存在感が出ていた。スペースが空き始めた展開になってからの切り札として取っておくのもひとつの手だし、最初から2列目に置いてもいいかもしれない。