ハノーファーへの移籍を認めたMF原口元気

写真拡大

 ロシアW杯に向けて事前合宿中の日本代表MF原口元気(デュッセルドルフ)が11日、オーストリア・インスブルックで行われた練習後に取材に応じ、来季からハノーファーに移籍することを認めた。

「サインはまだしていないけど、合意はしました。(来季から)ハノーファーに行くことになります」。そう明言した。すでに移籍が決まっていたFW浅野拓磨とはチームメイトになる。

 W杯本大会前の決断には意味があった。原口は「すべて頭をスッキリさせてW杯に行きたいという気持ちがあった」と説明。「余計なことは考えたくないので、日本代表だけに集中できるタイミングでチームを決めてから(ロシアに)行きたいと思っていた」と語った。

 原口は2014年夏に浦和からヘルタ・ベルリンに移籍。今季はシーズン途中から出場機会が減少したため、1月にブンデスリーガ2部のデュッセルドルフへレンタル移籍していた。現地報道によると、ハノーファーとの契約期間は2021年までの3年間。新天地を決め、スッキリして本大会に向かう。

(取材・文 矢内由美子)


★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!

2018W杯ロシア大会特集ページ

★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!

2018W杯ロシア大会日程&TV放送

●海外組ガイド

●ブンデスリーガ2017-18特集