「アンティーク・レース展」渋谷区立松濤美術館で、マリー=アントワネットら由来の作品約170点を展示

写真拡大

「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」が、2018年6月12日(火)から7月29日(日)まで、渋谷区立松濤美術館にて開催される。

かつてヨーロッパ王侯貴族の富と権力の象徴として、歴史上重要な価値を持っていたレース。現代では機械織りによるものが主流となっているが、本展では、機械では未だに再現できない、熟練した職人による高度な技巧が生み出した芸術品としてのレースの世界を紹介する。

会場には、世界的なアンティーク・レースのコレクターで鑑定家としても知られるダイアン・クライスの数万点におよぶ所蔵品から、マリー=アントワネットやナポレオン、ヴィクトリア女王といった歴史上の人物に由来する、希少なアンティーク・レースなど約170点の作品が展示される。

【開催概要】
「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」
開催期間:2018年6月12日(火)〜7月29日(日)
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
※金曜は20:00時閉館(入館は19:30まで)
入館料:一般500(400)円、大学生400(320)円、高校生・60歳以上250(200)円、小中学生100(80)円
※( )内は、団体10名以上及び渋谷区民の入館料
※土・日曜日、祝休日及び夏休み期間は小中学生無料
※毎週金曜日は渋谷区民無料
※障がい者及び付添の1名は無料
休館日:6月18日(月)、25日(月)、7月2日(月)、9日(月)、17日(火)、23日(月)

【問い合わせ先】
渋谷区立松濤美術館
TEL:03-3465-9421


[写真付きで読む]「アンティーク・レース展」渋谷区立松濤美術館で、マリー=アントワネットら由来の作品約170点を展示

外部サイト

  • 「浮世絵最強列伝―江戸の名品勢ぞろい―」展を京都・相国寺承天閣美術館で開催、江戸初期から幕末まで
  • 「アンティーク・レース展」が京都で開催、16〜19世紀ヨーロッパの人々を魅了した芸術品
  • NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」東京・大阪・鹿児島で - 肖像画や美術品、幕末の貴重な資料など