あす12日(2018年6月)の米朝首脳会談に、それぞれが「どんな役目なのか不明な要人」を同行している。米国側はボルトン大統領補佐官だ。対北朝鮮強硬派として知られ、「一気に非核化を進めろ」と主張して、北朝鮮から「人間のクズ」と反発されたこともある。それだけに、同行しないのではという見方もあった。

共同通信の太田昌克編集委員は「安全保障担当で核問題のプロ中のプロだから、同行しなければ、何かあったら対応できない。国防総省の代表としても帯同は当然です」という。

とにかく融和ムード演出したい

北朝鮮側は、平昌オリンピックで登場したモランボン楽団とサムジオン管弦楽団の玄松月団長が同行している。コレア・レポートの辺真一編集長は「なんらかの話がついているのだろう」と見る。「米国との晩餐会か何かで歌うのか。それともシンガポール政府との晩餐会で歌うのかもしれない」

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「会談の成功を示したいという互いの利害が一致しているのではないか。米国が納得するのがどのレベルか、読まなければいけませんね」

羽鳥「首脳会談は日本時間のあす午前10時からの予定です」