攻撃の形は少しずつできてきている。サイドからのクロス攻撃では、ニアを狙い続けるアプローチは一案だ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 西野体制が発足し、これまでガーナ、スイスと2試合を戦ってきたが、いずれも0-2の敗戦。目に見える結果を出せていないのと同時に、ひとつのゴールも奪えていないのは重症だ。
 
 縦一辺倒だったハリル体制と比べてポゼッションを意識するようになり、コンビネーションで崩そうとする意図は少なからず見えてきた。それでも、たとえばサイドを抉ることはできても、そこからのクロスを撥ね返されるシーンは多い。
 
「いろんな工夫があってもいい」
 
 西野ジャパンではまだピッチに立てていないCBの昌子源は、DFならではの視点で修正案を語る。
 
「日本の良さのひとつは、たぶん、“ニアに速いボール”だと思う。そこで先に触る。僕、ディフェンスなんで分かるんですけど、ニアに速いボールが“ぴゅっ”と入ってくるのは、すごく嫌」
 
 たとえ1本目で成功しなくても、それを繰り返すことも大事だと昌子は言う。
 
「1本合わないから、次は上でいってみようではなくて、2本目、3本目と同じところを狙っても全然いいと思う。そこではじめて、マイナスが空いたりするから」
 
 スイス戦はガーナ戦より、攻撃の形を作ることができていた。ただ、昌子は「僕は実際にプレーできなかったので、なんとも言えないですけど」と断りを入れたうえで、「少し上のボールが多かったかな」と見ていた。
 
 クロスをどこに入れるか、それも重要なポイントだが、クロスに合わせる人間が「二枚、三枚と増えていけば、バリエーションもどんどん増えていくと思う」と、攻撃にさらに厚みをもたらすのも必要だろう。「極端に言えば、(左SBの長友)佑都君のクロスに、この前(スイス戦)やったら、(右SBで先発の)ゴウちゃん(酒井高徳)が入っていってもいい」と、両サイドが大胆に絡んだフィニッシュも、ひとつのアイデアだと昌子は考えている。

【写真】美しくて可愛い! W杯スターの「美女パートナー」たち

 攻撃に人数をかけるのはリスクが伴うが、それは状況や展開を見て、攻守のバランスを整理すればいい。
 
「センターバック二枚とボランチが残っている時は、サイドバックが行ってもいい」という意見の昌子は、「相手がFW一枚しかおらんのに、(ボランチの)ハセさん(長谷部誠)や(大島)僚太を残す必要はない」とも話す。
 
「クロスが流れて、相手ボールになって、僕らの攻撃が終わるっていうのが多い」
 
 そんなシチュエーションをひとつでも減らすためには、やはりリスクをおかしてでも、攻撃時は前に人数をかけるべきではないだろうか。クロスやシュートのこぼれ球を相手より先に回収できれば、二次攻撃、三次攻撃につなげられる。
 
「そこで拾えるか、拾えないかは、僕はけっこう、デカいと思う。特に上のレベルになれば、攻撃機会は少なくなるだろうし。いかに攻撃の時間を長くするかはすごく大事。日本はボールを持てる選手が多いし、そういうのをやっていきたい」(昌子)
 
 クロスではニアへの速いボールをしつこく放り込み、後ろの枚数が足りていれば勇気を持って攻撃に人数を割いて、セカンドボールを集めてたたみかける。そうやって得点の確率を少しでも高めて、ゴールをこじ開けたい。