柴崎に求められるのは、司令塔としての役割。得点力不足に苦しむ日本代表の救世主となるか。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 4月9日に西野朗監督が就任してからの2試合(ガーナ戦、スイス戦)は、いずれも0-2で敗戦。とりわけ目についたのが、稚拙な攻撃だ。選手個人の意識が統一されていないのか、それぞれの動きに流動性がなく、チグハグなアタックに終始し、新体制ではいまだにゴールが奪えていない。
 
 2試合で途中出場したボランチの柴崎岳は言う。
 
「まず守備でうまくいっていた部分はもちろんありました。それを継続してやるのと、あとはハマらずにいなされた時にどう対応するかという部分。ただ、どちらかというと僕は奪った後の攻撃に課題があったかなと思っていましたし、実際ミーティングでも、細かいところまでは言えないですけど、もうちょっと攻撃のクオリティを上げていこうという話にはなりました」
 
 攻撃の質を上げるうえで重要になってくるのが、選手同士のコンビネーションだろう。サイドから崩すのか、中央から侵入していくのか、その状況判断をチームで共有する必要がある。
 
「その時間帯だったり点差によっての戦い方は、話し合いましたし、そこはもっと改善できる部分かなと。攻撃の回数に関しては、ガーナ戦よりもバイタルエリアへの侵入だとかは上がってきていると思いますし、問題はそこから先のラストパスだったり、その1個前のパスの質という部分になってくる。

 なので、僕個人としては、そこをなるべく決定機というか、ゴールに迫れるような状況を作っていきたい。チームとしての課題もそうですけどね。僕自身のことは僕自身でしっかり直していけると思うので、そこはしっかり修正していきたいなと思います」
 
 そう課題を挙げる柴崎こそが、攻撃を機能させるキーマンとなるのではないか。ここまでの2試合、意思の疎通が取れていないなかでも柴崎の局面を押し進める縦パスやプレースキックは効果的だった。このMFを中心に組み立てる時間帯は少なくなかった。
 
 本人も司令塔としての要求を承知しているようだ。「僕個人としては、ボランチの位置からの使い分け。攻撃の方向付けをしっかりしていきたいなと思いますし、もちろん中央突破できる時があればしますし、それは状況によって。僕に求められている役割は、そこかなと思います」と、自身の役割を明確に語っている。

 西野ジャパンの得点力不足を解消できるか。柴崎の活躍に期待したい。

【日本代表PHOTO】SAMURAI BLUEがサポーターに神対応!