ジェシカ・チャステイン(Jessica Chastain) photo : Getty Images

男女や人種の格差解消を目指してこれまでも度々メッセージを発信してきたジェシカ・チャステイン。差別に対して声を上げる大切さについて語っている。

雑誌『ハリウッドリポーター』のインタビューに答えたジェシカ・チャステイン。「最も古くから女性たちをお互いに争わせてきた業界にいる中で、私にとっても私の会社にとっても一番大切なことはみんなが協力したほうがいいことができると、みんなが理解している環境を作ること」。女性たちに協力しようと呼びかけたジェシカ。さらに恵まれている女性たちは他の女性を助けるべきだと語っている。なぜなら「沈黙しているのは差別をしているのと同じ」だから。「もしあなたが差別のある環境で成功しているのなら、それはあなたが積極的に差別をしているということ」。共演したオクタヴィア・スペンサーとのギャラ格差の解消のために制作会社に訴えたことが話題になったけれど「有色人種の女優が白人の女優よりもギャラが少ないことは知っていた。知らなかったのはオスカーを受賞していてオスカーに2度もノミネートされているオクタヴィアのようなレベルの女優もこんなにギャラが少ないということ。彼女が自分のギャラを教えてくれたとき、こう思ったわ。『待って、それは私の頭では成り立たない計算だわ』って」。

オクタヴィア・スペンサー(Octavia Spencer)、ジェシカ・チャステイン(Jessica Chastain) photo : Getty Images

長年キャリアを積んできたジェシカでもまだ知らない格差が潜んでいるハリウッド。自身の製作会社を立ち上げて活躍する彼女がこれからこの格差解消にどんな影響を与えていくのか、注目していきたい。

text: Yoko Nagasaka