AFCが日本のW杯注目プレーヤーにFW浅野拓磨を挙げた

写真拡大

 アジアサッカー連盟(AFC)が10日に公式ツイッター(@theafcdotcom)を更新し、ロシアW杯に臨む日本代表を動画で紹介したが、まさかのミスを犯してしまった。

 AFCは日本の試合映像とともにW杯での主な実績を紹介。そして「キープレーヤー」としてMF香川真司の次に登場したのは、なんとFW浅野拓磨だった。

 浅野は本大会行きを決めた昨年8月31日のアジア最終予選オーストラリア戦(2-0)で先制ゴールを奪う活躍を見せたが、今年5月31日に発表されたW杯メンバー23人から惜しくも落選。同試合で追加点をマークしたMF井手口陽介と一緒にバックアップ選手として帯同している。

 動画の終盤では、ゴールを挙げて“ジャガーポーズ”を決める浅野の映像に「ROAD TO RUSSIA」の文字を浮かび上がらせる演出。その後、グループリーグの日程などを掲載して動画は終わりとなっている。


★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!

2018W杯ロシア大会特集ページ

★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!

2018W杯ロシア大会日程&TV放送