BRAHMANとキュウソネコカミのVo放談「正直が一番強い」

写真拡大 (全4枚)

BRAHMANのアルバム『梵唄-bonbai-』のリリースを記念し、TSUTAYA購入者限定特典としてTOSHI-LOW(Vo)とキュウソネコカミのヤマサキセイヤ(Vo, Gt)によるスペシャルトークイベントが5月12日に開催された。後半はアルコールの力も手伝って、掲載ギリギリのトークへと発展。音楽やスタイルは違えど、同じフロントマンとしてお互いをリスペクトし合う、2人の親密さが垣間見れる抱腹絶倒のトークをご覧あれ。

ーそもそもの出会いから。BRAHMANというバンドはいつから知っていましたか?

ヤマサキ:小学校5年か6年くらい。僕は和歌山出身なんですけど、中学校時代に少林寺拳法を習っていて、近くにやんちゃな奴らが集まる中学校があって怖い少林寺拳法の先輩がいたんですよ。その人がBRAHMANを聴いてて知りました(笑)。当時の僕は青春パンクしか聴いてなくて。

ーその時は何も思わなかった?

ヤマサキ:今日は正直に話そうと思っていたんですけど、BRAHMANを聴いて育ったとかではないです(笑)。

TOSHI-LOW:大丈夫、それは感じてる(笑)。

ヤマサキ:その時はガガガSPとか太陽族を聴いてて。次のBRAHMANとの出会いが高校野球。女の子にモテたいので応援団に入ってカワイイ女の子と応援してたんですけど、その時に流れていたのが「SEE OFF」で、BRAHMANとは知らずに踊ってたんですよ。試合や応援が終わった後にBRAHMANだと知ってびっくりしました。Why!?ですよ(笑)。なぜこんなに「SEE OFF」が流れているのかもわからないし、中学校の時の怖い先輩が聴いていたBRAHMANだと合致してとんでもねぇと思って。野球部もその時、やんちゃな人が多かったので、やっぱりBRAHMANはやんちゃな人が聴く音楽なんだって思いました(笑)。

TOSHI-LOW:「SEE OFF」が俺たちの曲だって認識できたからまだいいよね。今は譜面が回り回って書き直されて、北海道の高校では何故か曲名が変わってしまって「お米券」って言われてるらしいから(笑)。著作権の取りようがないよね。

ヤマサキ:フェスで本家の「SEE OFF」を聴いたら”「お米券」をパクってるじゃん!”って思われるんですかね(笑)。なので高校野球と言えば「SEE OFF」というイメージでした。

TOSHI-LOW:俺も最初にテレビで見て、何か聴いたことあるなって思ったから(笑)。

ーTOSHI-LOWさんは?

TOSHI-LOW:細美武士の歌(「サブカル女子」)があるよって話を聞いて、そこから。

ヤマサキ:詳しく知らないんですけど、どういうテンションで話が回ってきたんですか……? 細美さんがキレてるとか……?

TOSHI-LOW:そんな曲があるよっていう噂を聞いて、細美武士はまだ知らなかったの。俺らが先に知って。で、確かどこかのフェスで「サブカル女子」を聴いたんだよね。

ヤマサキ:当初はやっていたと思います。まだ本人に絶対に届いていないと思ってたので。

TOSHI-LOW:あらためて「サブカル女子」を聴いてみると、そんなに細美武士のことを言ってるわけじゃないし、一瞬名前が出てくるだけじゃん。だけどお前らの芸風と他の曲が混ざっちゃって、要は”細美武士メンヘラおっさん死ね”みたいなトピックとして頭に残っちゃって。

ヤマサキ:ちょちょ! 違いますって! どんな思考回路してるんですか(笑)!

TOSHI-LOW:こんなこと言ってるよって言ったら、何〜!?みたいな感じになっちゃって。

ヤマサキ:それはなりますって!

TOSHI-LOW:でもさ、俺が初めて(キュウソネコカミと)話したのと細美武士と話したの、どっちが先?

ヤマサキ:TOSHI-LOWさんだと思います。


Photo by Motomi Mizoguchi

TOSHI-LOW:でしょ? 細美武士だけじゃなくて”俺の曲も書け”って言ったわけじゃねぇからな(笑)。

ヤマサキ:違いましたっけ? 方々の媒体で……。

TOSHI-LOW:真実は”俺の曲を書け”じゃなくて、細美武士みたいに”俺も入れてくれ”って言ったの。何でそう言ったかというと、あまりにもみーちゃん(細美武士)が怒ってたから。それで笑い話になるから。

ヤマサキ:怒りを中和すると。なるほど、そういうことだったんですね。

ーこの話は拡散したほうがよさそうですね。

TOSHI-LOW:拡散しなくていいよ(笑)! 

ヤマサキ:でも、先に火事にしたのはTOSHI-LOWさんじゃないですか(笑)。

TOSHI-LOW:そのあと”俺も今度入れてくれるって”って話したら、アハハみたいな感じになって。初めて会った時にはそんな感じ(怒って)なかったでしょ?

ヤマサキ:怒ってなかったけどピリピリしてましたよ(笑)。COUNTDOWN JAPANの楽屋に挨拶しに行った時は忘れられないですね。僕らの出番は早かったんですけど、だいぶ遅くまで細美さんが楽屋に戻って来る瞬間を5人全員で待って、「サブカル女子」という曲の中でお名前を使わせていただいておりますが、ヘンな風に伝わっていたらすみませんって話したら、そんなの全然怒ってないよって感じで。むしろ、お前がカッコいいと思って書いた歌詞を、自信なさげに歌うのはやめろみたいな。自分がいいと思った歌詞なら自信を持って歌えって。

TOSHI-LOW:そういうイジられ方を俺もされたかったわけ。何で細美武士って呼び捨てなのに俺はTOSHI-LOW”さん”なの?

ヤマサキ:怖かったんです(笑)。TOSHI-LOWさん自身は優しくて大丈夫でも、BRAHMANのファンに殺されると。若造がTOSHI-LOWって呼び捨てにしてるぞ!って。それにビビって”さんだけはつけさせてくれ”って。

TOSHI-LOW:呼び捨てだったらこの野郎!って言えるのに、”さん”をつけるからコブシを下げるしかないし俺もおいしくない(笑)。


Photo by Motomi Mizoguchi

ヤマサキ:TOSHI-LOWさんが(パフォーマンスで)人の上に立つようになったのはいつぐらいからなんですか?

TOSHI-LOW:昔から飛び込んでたんだよね。1曲目のイントロから。

ヤマサキ:イントロから!?

TOSHI-LOW:97年くらいかな。

ヤマサキ:参考にしたアーティストはいたんですか?

TOSHI-LOW:ニューヨークハードコアとかあの頃のシーンって、めちゃくちゃ暴れてたりスピーカーの上から飛んだり、そういう映像を観てたから俺の中ではぶっ飛んだことでもなくて。降ってくるのも俺みたいな感じだけど支えるほうもこんな感じだから(笑)。4人くらいいればなんとかなる。お前、軽いからいいじゃん。

ヤマサキ:逆に屈強な人が少ないんですよね。だからけっこうな確率で崩れちゃうんですよ。お客さんが少ないほうが逆に安定しますね(笑)。こいつやべぇなっていう人いません? よく見る顔で屈強な人。

TOSHI-LOW:欲しいよ、出来るだけそんな人がいたら。

ヤマサキ:僕は逆にいるんですよ。女の子ばかりなので屈強なおじさんって目立つんですよね。女の子の1.5倍くらいの大きさの手があると、”ありがとう! おじさんー!”って乗りますから。右足はおじさん、左足は女の子8人みたいな(笑)。

TOSHI-LOW:もう1人そのおじさんがいればいいんだもんね。もうメンバーにしちゃえばいいじゃん。Dragon Ashのダンサーみたいな感じで。おっさん2人がいつも前で踊ってるみたいな。

ヤマサキ:(笑)絶対にまた言われるんですよ、”あれサクラやで”って。それでまた俺は病むんですよ(笑)。

TOSHI-LOW:生きてて起きることってネタでしかないから、笑ってればいいんじゃない。実際に人気があるから言われるわけじゃん。人気がなかったら何も言われないよ。

ヤマサキ:乗り越えるというか、やめない限りはやり続けるしかないですもんね。

TOSHI-LOW:うん、それも全て最終的には糧になりましたってことで進むしかないよね。やめちゃったらそれで終わりだからさ。何か打ち上げの最後のほうみたいなテンションになっちゃったけど(笑)。

ヤマサキ:ビバラをきっかけに生まれ変わろうと思ってます。

TOSHI-LOW:それに気付けただけでもいいよ。全ての困難は次に進むための試練だから。そういうものを持ってるヴォーカルだと思ってるから。キュウソの好きなところは、まずはヒヨッコを売りにしてるじゃん?

ヤマサキ:そういう節はありますね。

TOSHI-LOW:ディスる曲があるけど嫌われない理由があって、要は自分たちが一番弱いって認めてるわけじゃん。ロックって基本的には自分は強くて、スターだぜっていうことを言って成り立っているものの真逆をやってるわけ。弱いけど、本当のことを歌っているのがちゃんと認められているのはすごくいいと思うよ。

ヤマサキ:弱そうに見られるけど言いたいことは言うっていう。

TOSHI-LOW:俺たちの時代のアウトローって社会不適合者だったけど、今でいう社会不適合者ってこいつら(キュウソネコカミ)みたいな存在だと思う。つまり”正直”が一番強いんだよっていうこと。でもそれでいいのさ。だって社会に合わせてしまったらつまらない大人にしかならないわけで、それこそ社会が滲んでいくひとつの色になってしまわないために、正直でいることがすごく大事で。だから、セイヤの歌詞が今の子たちに響いてるんだったら、ロックは捨てたもんじゃないと俺は思う。あ、なんか真面目な話したね(笑)。


Photo by Motomi Mizoguchi

ヤマサキ:このスタイルは自信を持って続けていけたらと思いますね。

TOSHI-LOW:最終的にはムキムキになって暴力でものを言わすと(笑)。ヴォーカリストにおいて”バンドをやりたい”っていう人と、自分が歌えれば何でもいいっていう人は俺の中で全然違うから、そういう意味でキュウソに対してバンドマンであるが軸にあると感じるから、バンドマンとして俺は好きだな。

ヤマサキ:TOSHI-LOWさんから最後にバンドマンとして好きと言ってもらえて、何を言ったらいいかまとまらないんですけど、これからも話し掛けにいきます(笑)。

BRAHMAN

LIVE DVD & Blu-ray
 『八面玲瓏 日本武道館』
6月13日(水)発売

New Album
『梵唄 -bonbai-』
発売中

BRAHMAN 「八面玲瓏 日本武道館」 SPECIAL SITE
http://brahman.site/hachimenreirou_DVDandBlu-ray/

BRAHMAN OFFICIAL HP
http://www.brahman-tc.com/

NOFRAMES / TOYS FACTORY BRAHMAN SITE
http://www.toysfactory.co.jp/artist/brahman/

キュウソネコカミ

New Single
「越えていけ / The band」
発売中

キュウソネコカミ OFFICIAL HP
http://kyusonekokami.com/