前半にPKを献上するなど、個人としても課題を残した吉田。W杯開幕に向け、不安を残した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[国際親善試合]日本0-2スイス/6月8日/ルガーノ(スイス) 
 
 現地時間の6月8日、スイスのルガーノで日本代表はスイスと国際親善試合を行なった。
 
 ロシア・ワールドカップ初戦のコロンビア戦まで残り2試合。このスイス戦で西野朗監督はガーナ戦(5月30日/0-2)で披露した3バックではなく、4バックを採用してテストマッチに臨んだ。しかし、終わってみれば、FIFAランク6位の強国に0-2の完敗。攻守両面で相手に歯が立たず、多くの課題を露呈するゲーム内容となった。
 
 そんな不安だらけのスイス戦を振り返り、吉田麻也は危機感を募らせている。「結果が出ていないので、あんまりしゃべっても説得力がないし、言い訳に聞こえる」と不甲斐ない出来に肩を落とし、「ピッチで良いものを見せるしかない」とした。
 
 では、ロシアの地で結果を残すためには何が必要なのか。吉田が指摘したのは、選手の意識だ。「選手間での会話、監督、テクニカルスタッフとの会話は増えている」としつつも、守備の大黒柱は戦い方の統一を図れていないと見ている。

 チームとして同じ方向を向いていないと吉田は言う。「前と後ろの選手の意識の差、サイドと中央の選手の意識の差、出ている選手、出ていない選手の意識の差。そこを埋めていって、同じように戦い方を理解していかないと厳しくなってくる」と、意見の擦り合わせが思うように進んでいないことを明かした。

 ハリルホジッチ前監督体制の時と比べてコミュニケーションの量は増えているが、ポジションや置かれた立場によって考え方にまだまだバラツキがある。

「何よりも時間がないのでそこは1日も早く詰めていって、構築していきたい」とは吉田の言葉。ワールドカップ開幕前最後の一戦となるパラグアイ戦(12日)まではあと3日、本大会の初戦となるコロンビア戦(19日)までは10日しか残されていない。果たして、急造チームはここから息を吹き返せるのだろうか。

【日本代表PHOTO】スイス2-0日本|得点奪えず西野ジャパンが2失点の完敗。ガーナ戦に続いて2連敗を喫す