スイスに0-2の敗戦も、田嶋会長(右)は攻守両面でチームの成長を感じているようだ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[国際親善試合]日本0-2スイス/6月8日/ルガーノ(スイス)

 FIFAランキング6位のスイスを相手に0-2。結果、内容とも「完敗」の二文字がつきつけられても不思議ではないが、それでも日本協会トップの田嶋幸三会長は、「非常に良かった」との見解を示した。
 
「やろうとするサッカーがだんだん見えてきたなという感じがしています。ディフェンス面は、前半はすごく良い形でディフェンスをしていたなと思っています。それから中盤は、大島を中心に早いテンポでつないでから、崩そうという意図が見えた。それは非常に良かったと思いますね」
 
 もちろん、まるっきり満足しているわけではない。「1本のミスでも完全に崩される、点を取られるということを、やはりワールドカップレベル、このレベルではあるということを理解しなければいけない」と指摘する。
 
 グループリーグ初戦のコロンビア戦を見据え、危機感も募らせる。
 
「我々は(FIFAランクが)61位のチームですし、特にコロンビアとか、したたかに点を取ったら守ってきますし。ディフェンスを本当に集中してやるという意味では、(先制点を与えないことは)重要になってきます」
 
 前回のガーナ戦(0-2)同様、無得点に終わった攻撃面についても課題を述べる。
 
「シュートは前半、3本か4本、後半はもっと打っても良かったところはあったんですが、なかなか打てなかった。そこはやはり崩していくことをしっかりと、サイドから崩すことをもう少し、しなければいけないと思っています」
 
 戦術面に関しては、基本的には「僕が口を出すつもりはありません」というスタンスで、「3バック、4バック、どういう形でいくのか、ちょっとそれは分かりません」が、西野体制となり、いまだ未勝利と思うように結果を出せていないなかで、コロンビア戦まで残り10日という準備期間を「十分」と見ている。
 
 最後の実戦の場となるのは、6月12日のパラグアイ戦。チームの成長に少なからず手応えを感じている田嶋会長は、「コンディションの良い選手もいて、どの選手が出るかというチーム内の競い合いも出てくると思いますし、しっかりとチームをまとめて、コロンビア戦に臨んでほしい」とエールを送った。

【写真】美しくて可愛い! W杯スターの「美女パートナー」たち