6月10日に行なわれる牝馬限定のGIIIマーメイドS(阪神・芝2000m)は、穴党にはうってつけのレースだ。

 というのも、過去10年間で1番人気は2勝、2着1回、3着1回、着外6回と振るわないうえ、たとえ1番人気が上位に来ても、必ず10番人気以下の馬が馬券圏内に飛び込んできて、常に高配当をもたらしてくれるレースだからだ。

“荒れる”レースであることは、日刊スポーツの太田尚樹記者も認める。

「馬連で見ても、過去10年間の平均配当は1万3508円。相当、荒れています。難解ではありますが、穴党にとっては予想のしがいのあるレースと言えますね」

 では、どういった馬が穴を空けるのか。太田記者はこう分析する。

「2008年にハンデ48kgのトーホウシャイン(12番人気)が勝った印象が強いため、ついつい軽ハンデの馬に目がいきがちですが、過去10年でハンデ51kg以下の馬が勝ったのは、同馬だけ。最多勝はハンデ53kgの6勝、これに続くのがハンデ55kgの2勝です。”ほどほどのハンデ”の馬が狙い目と言えそうです」

 一方、デイリー馬三郎の吉田順一記者はこんな見解を示す。

「過去10年の結果を見ると、あまり重い斤量を背負わされることのない、前走が条件戦だった馬が20頭出走して10頭が連対。また、ハンディキャッパーのひとつの指針となる前走の着順を見てみると、斤量を軽く設定しやすい、掲示板を外していた馬が8頭連対しています。それも踏まえて、データから傾向や対策は取りづらく、狙いを絞り込むのは一発勝負の要素が強いと思います。

 そもそも牝馬限定戦は、ハンデ戦、定量戦にかかわらず、荒れることが多く、なかでも梅雨の時期に行なわれるマーメイドSは、高温多湿の気候や荒れた馬場などの影響を受けて、波乱が起こりやすいのでしょう。そうした状況にあって、重視されるのは”格よりも出来”。ここに向けて、いかに状態を合わせてくるかがポイントになると思います」

 こうしたことを踏まえて、太田記者はレイホーロマンス(牝5歳)の名前を挙げた。


マーメイドSで初の重賞制覇を狙うレイホーロマンス

「前走のGIII福島牝馬S(4月21日/福島・芝1800m)では、平坦小回りを意識してか早めに動きましたが、4コーナーで両側から挟まれる不利を被ってしまいました。それでも、5着に健闘。鞍上の岩崎翼騎手も、『小さい馬なのに、不利があっても盛り返してくれた』と評価していました。阪神にコースが替わる今回、改めて上位進出の期待が膨らみます。

 現に、それ以前のレースでは、GIII愛知杯(1月13日/中京・芝2000m)で2着、GIII中山牝馬S(3月10日/中山・芝1800m)と3着と好走しています。そしてその際、愛知杯が51kg、中山牝馬Sが52kgと、いずれも軽ハンデでした。今回も52kg。馬体重が420kgを切る小柄な馬だけに、ハンデの恩恵が利いてくるはずです」

 太田記者はもう1頭、ワンブレスアウェイ(牝5歳)を推奨する。

「こちらも、前走の福島牝馬Sでは、最内となった4コーナーの位置取りが災いして6着。追い出しを待たされる場面がありましたから、スムーズならもっとやれたと思います。そういう意味でも今回、巻き返しが見込めます。

 加えて、同馬には”夏オンナ”という強調材料があります。6月〜8月にかけては、過去3戦して2勝、2着1回と連対率は100%。昨年も7月に、牡馬相手の準オープンを1番人気で勝っています。オープン入り後の成績はパッとしませんが、姉妹にキャットコインやロックディスタウンなど重賞ウイナーがいる血統ですから、得意の季節を迎えて一変があってもおかしくありません」

 片や吉田記者は、軽ハンデの条件馬を3頭ピックアップ。それぞれ現状の調子のよさを買って、穴馬としてオススメする。

「1頭目は、エマノン(牝5歳)です。これまでは、ワンターンのコースでスムーズな競馬ができないと脆かったのですが、コーナー4つの小倉・芝1800mで行なわれた2走前の大宰府特別(3月4日)では、好位から上手なレース運びで2着と好走。そして、前走の糺の森特別(4月29日/京都・芝1800m)では、得意のワンターンのコースで好位の外目を追走。4コーナー手前から唸るように進出し、直線では大きめのストライドでしぶとく脚を伸ばして快勝しました。

 まだ1000万下を勝ち上がったばかりですが、ここ2走のレースぶりから、気性の安定と体調のよさが感じられます。前走後はゆったりと間隔をあけて、その間には好調教を連発し、ここに向けて至極順調です。心身ともに充実し、馬体や走法からも阪神・芝2000mは問題なし。時計面でも見劣ることはなく、50kgの斤量で先行馬が少ない組み合わせゆえ、楽しみは増すばかりです」

 エマノンは、今年のGI大阪杯(阪神・芝2000m)を制したスワーヴリチャードの全姉。その底力は、決して軽視できない。

「2頭目は、ディープインパクト産駒のアルジャンテ(牝5歳)です。週末の天候を鑑(かんが)みれば、晴雨兼用タイプと言える同馬は心強い存在。道悪でのレース経験はほとんどありませんが、大跳びで吹かしつつギアを上げられるタイプなので、渋い馬場も問題なくこなせるはずです。

 また、このメンバーの中なら、マイル戦の持ち時計は上位。出遅れ癖がありますが、それを踏まえての距離延長と見れば、その狙いは悪くありません。初めての2000m戦ながら、魅力はいっぱいです。有力馬が早めに動く消耗戦となれば、破壊力のある末脚を秘める同馬が、52kgの軽ハンデを生かして結果を出す可能性は大いにあります」

 そして、吉田記者がピックアップした最後の1頭は、関東馬のルネイション(牝5歳)。「こちらも、かなり面白い存在」と不敵に笑う。

「ルネイションは左回りのコースを中心に使われてきていますが、レースぶりからは左手前が気持ち強く、左爪が高く、右爪が低いことからも、右回りでも苦にしない印象があります。アドマイヤムーン産駒らしい上質の切れ味を秘めており、斤量50kgなら侮れないですよ」

 ルネイションは、今年世界中で好成績を収めているゴドルフィン軍団の馬。先週も同軍団の馬が英国ダービーを制覇しており、その勢いに乗じて日本でも波乱の立役者となっても不思議ではない。 何はともあれ、”大荒れ”ムードが漂うマーメイドS。ここに挙げた5頭が、ひと足早いビッグな”夏のボーナス”を配ってくれるかもしれない。

◆エプソムCに「GIの負けを取り戻せる、ありがたい3頭」が出走する>>

◆大魔神が夢を託すヴィルシーナの初子ブラヴァスは「べらぼうにいい」>>